デザイン参考

デザイナーを目指す方にこれだけは読んで欲しいおすすめの本。

今回は私が読んでこれは参考になったと思った本を紹介します。

紹介する本にはデザインの基本を勉強する本、デザイン業務をする上でスキルを上げるための本、デザインの考え方を学ぶ本の3つに分けて紹介しています。

デザインの本はいろいろありますので、迷った時に選ぶ多少の参考になればと思いました。

デザインの基礎を学ぶ本

これから紹介する本は下記のような方におすすめの本になります。

  • これからデザインを仕事としてやっていきたいと思っている方。
  • デザイナー初心者の方。
  • 独学でデザインを勉強している方。
  • デザインを感覚だけでやっている方。

 

ノンデザイナーズ・デザインブック

この本はデザイナーでない人に向けたデザイン本です。なので専門用語などもなく、わかりやすく読みやすい本になっています。

デザインをする上で、ポイントになる部分、意識する部分が、簡潔かつ丁寧に解説してくれています。

なので、なぜきれいに見えるのか、なぜまとまって見えるのかが、わかるようになります。

良い例、悪い例の比較を挙げながら各デザインルールを解説しているところも非常にわかりやすいです。

デザインをやっている方でも、感覚でやっていたことが、論理的にコントロールできるようになるのではないでしょうか。

 

デザインの基本ノート 仕事で使えるセンスと技術が一冊で身につく本

デザイナーの心構えから、アイデアの出し方、デザインの作り方、入稿時のチェック、そしてデザイン料金の算出の仕方まで書かれた本です。

デザインの業務についてまるっと一冊にまとめたデザイン本となっています。

デザイン初心者の方、これからデザインを学びたい方におすすめの1冊です。

 

デザインスキルを上げる本

これから紹介する本は下記のような方におすすめの本になります。

  • 即実戦で役立てたい。
  • レイアウトのアイデアが欲しい。
  • 今のデザインよりもランクアップしたい。
  • デザインスキルを身に付けたい。

 

けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

なんかデザインがうまくいかない。資料っぽい感じがしてしまうなどなど、レイアウトで悩んでいる方には1度見てももらいたい本です。

この本はNGとOKの作例を比較していて、わかりやすく解説しています。作例もクオリティが高く、余白の大切さを改めてわかる本です。参考になるところが非常に多い1冊です。

 

見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色

デザインの配色にはいつも悩むものです。

この本はメインカラー、サブカラー、アクセントカラーの3色を基本としてサンプルを下に効果的に色で伝えることを書かれた本です。

「和のカラーリング」、「異国情緒を感じさせるカラーリング」など項目別の配色が紹介されているので、自分が思ったイメージのカラーを探しやすく作られています。

また、収載されているサンプルが豊富なところもおすすめの一つです。配色に自信のない方におすすめの一冊です。

 

やってはいけないデザイン

この本はノンデザイナーの方がフライヤー、名刺、企画書などをきれいにまとめるやり方が良い例、悪い例を挙げてわかりやすく解説しています。

細かい要素の作例をたくさん紹介しているので、デザイナー初心者の方にも役に立つ本かと思います。基本すぎて普通のデザイン本には載っていないことまで解説されています。

デザインしてもなぜかうまくいかないなんて方のお悩みに良い解決策が見つかるかもしれない1冊です。

 

入稿データのつくりかた CMYK4色印刷・特色2色印刷・名刺・ハガキ・同人誌・グッズ類

この本は正しい入稿データの作り方を解説した本です。これをちゃんと理解することで印刷が上がって来た時にイメージと違うなどのトラブルが減るのではないかと思います。

入稿時のデータの作り方でやってはいけないことやファイル形式の説明など細かく解説されていて、非常に参考になる本です。

この本を読むと何も知らずに入稿してた自分が怖くなりました。

グラフィックデザインの仕事をするなら、家庭の医学的な感じで持っておいて損のない本かと思います。

 

デザインの考え方の本

これから紹介する本は下記のような方におすすめの本になります。

  • デザインの考え方を学びたい方
  • アイデアの出し方を知りたい。
  • ディレクターを目指している方

 

なるほどデザイン

デザインの考え方を具体的な作例を通してわかりやすく解説した本です。

レイアウトなどの見せ方や作り方の本というより、良いデザインをするための、基本的な考え方や情報の整理を理解する本になっているので、この本を参考にして即実践というものではありません。

デザインをする上での非常に重要なことがギュッと詰まっている良い本です。

若い駆け出しの時にこの本に出会いたかったと思う本です。

まとめ

デザイン本はどれも高額なものが多いので出来れば間違えずに選びたいものです。

随時、良い本を見つけ次第アップしていきます。

参考になったら幸いです。

 

関連記事はこちら