デザインのこと

よく使う印刷用紙の種類と厚さの基礎知識

フライヤーや冊子など、印刷の発注する時に用紙で悩んだことありませんか。

特に今はネット印刷での注文が増えてきているので、用紙の見本も小さな見本帳で確認する程度です。なので実際に上がった印刷物が思っていたものと違っていたなんてことがないでしょうか。

今回は印刷用紙の特徴と選び方を紹介します。

用紙の種類

コート

印刷物の定番の上の一つです。表面に光沢があり、ツルツルとした質感の用紙です。チラシ、ポスターなど幅広く使われている紙です。光沢のある表面なので、鉛筆やボールペンの筆記性はあまり良くありません。

主な特徴 発色性 主な用途
ツルツルとした質感 高い チラシ、パンフレット、雑誌、ポスターなど

マットコート

光沢を抑えた表面処理がされているコート紙です。コートがツルツルした質感に対し、マットコートはしっとりとした質感の用紙になります。マット感によって落ち着きのある印刷物に仕上がります。

主な特徴 発色性 主な用途
しっとりした質感 高い パンフレット、会社案内、名刺、カタログなど

上質紙

表面のコーティングがされていない為、ざらついた質感の用紙になります。筆記性が高いのでノートやコピー用紙などに使われています。不透明性があり裏面から文字が透けて見えづらいため冊子などに使われることが多いです。

主な特徴 発色性 主な用途
高い筆記性と不透明性 低い 写真の少ない冊子、アンケート用紙など

ケント紙

ケント紙の特徴は決めの細かいマットな表面と白色度の高さです。もともと製図に使われる用紙で筆記性も優れています。

主な特徴 発色性 主な用途
高い筆記性と平滑性 普通 ポストカード、名刺、、スタンプカードなど

ヴァンヌーボ

ファンシー系の用紙で手触り感が独特で優しい印象です。そのため案内状など、特別な印刷物に使われることが多いです。上質な印象を感じさせる用紙です。金額は少し高めです。

主な特徴 発色性 主な用途
優しい風合い 高い カード、案内状、パッケージなど

 

用紙の厚さの目安

紙の厚さは90kgや110kgなどkgで表記されます。これはある規程の寸法の用紙1000枚の重さとなります。1000枚を1連と言い、連量(れんりょう)は1連の重さのことです。連量は紙の厚さを知る目安となるのです。

連量はあくまでも目安なので紙の種類で同じ連量でも厚さが若干変わってきます。

連量 厚さ 厚さの目安 用途
55kg 約0.08mm レシートや新聞紙ぐらいの厚さ ページ数の多い冊子など
70kg 約0.1mm コピー用紙ぐらいの厚さ 折込チラシ、冊子など
90kg 約0.13mm 千円札ぐらいの厚さ フライヤー、カタログ本文
110kg 約0.16mm 雑誌の表紙の厚さ パンフレット、ポスターなど
135kg 約0.19mm 切符ぐらいの厚さ 名刺、ポスターなど
180kg 約0.2mm 官製ハガキぐらいの厚さ カード、冊子の表紙など
220kg 約0.3mm 冊子の表紙など

 

まとめ

紙のはコシ(硬さ)の違いがあり、同じ連量でも印象がかなり変わってきます。

また、小さな見本で厚さを確認しても実際のA4やA3の制作物になった時に思ったより薄かった、なんてことがあります。

紙選びの際はできれば印刷物原寸の用紙で確認することをおすすめします。

用紙のサイズをまとめた記事も参考どうぞ。

グラフィックデザイナー 用紙サイズまとめ A版・B版・名刺・ハガキグラフィックデザインで主に使う用紙のサイズをまとめました。 また、各サイズの標準的なマージンも目安として記載しましたので、参考にし...

お役に立てれば幸いです。

関連記事はこちら