デザインの考え方

デザインのアイデアが浮かばなくて困ってる方必見!アイデアを出すコツ

アイデアが浮かばない。どうしていいかわからない。なんてことはよくありますよね。

奇抜なアイデアで驚かせたとか、ワッと言わせたいとか、そんなことばかり考えていたらアイデアは逃げていきます。

この記事ではアイデアを出すコツを説明したいと思います。

アイデアが浮かばない原因

それはただ漠然と考えていませんか?

クライアントの要望よりデザインや表現を優先して考えていませんか?

「なんとなくクライアントの言うことはわかったから、どんな表現にしようかな」
なんて要望をおろそかにしていませんか?

クライアントの要望は適当にアイデア出しだけが優先されてる状態では良いアイデアは浮かびません。

案件の内容を整理してみる

お客様が何を求めているか、何がして欲しいかをもう一度確認してみてください。

一つ一つ整理してみると以外に見落としていたところが見つかるかもしれません。学校で授業についていけない生徒が「どこがわからないか、わからない。」なんて聞いたことありませんか?まさにその状態になってるのではないしょうか。

  • 求めているものは何か。
  • 誰が見るのか。
  • どう見て欲しいのか。
  • なんのためにこの商品・サービスはあるのか。
  • この商品・サービスはどういうものか。
  • 問題点は何か?

アイデアを考える前に頭の中を整理してみましょう。おのずとアイデアが出てくるかもしれません。

案件の内容をしっかり理解する

アイデアが浮かばない場合のほとんどの原因は案件の内容を理解していない場合が多いです。専門用語など聞きなれない単語が出てきて自分ではわかっているつもりが違っていたり、勘違いしていたりはよくあることです。

資料を何度か読み直すうちに見えてくるものもあります。

またその仕事に関連した資料にも目を通す。

より商品・サービスの理解度を高めるためです。その作業がクライアントにも思いつかないアイデアが浮かぶかもしれません。

デザイナーはクライアントの代わりにその商品・サービスを宣伝するわけですから、クライアントと同等またはそれ以上に理解をしていないと、クライアントが納得するものはできませんよね。

ちゃんと理解することは当たり前のことですが非常に重要です。

情報整理がデザインのはじめの一歩。5W1Hのお話デザインをする上で一番最初の作業はレイアウトではなく、情報の整理です。 例えば山登りをする際、地図も方位磁石も持たずに登ったら ...

最初から奇抜なデザインを考えない。

「誰にも作れないものを作ってやるぞ。」

「クライアントをアッと驚かせてやりたい!」

なんて、いきなりそんなことを思って考えてもアイデアはなかなか出てきません。

もし出来たとしてもそれは表面上のもので薄っぺらいアイデアになってしまいます。

まずはお客さんの要望をちゃんと把握し、理解し、どうしたらその要望を叶えられるかを第一に考えます。

最初は奇抜なアイデアを考えようとはせずに、どうしたら伝える事ができるかを一番に考えてみてはどうでようか。

それは平凡なアイデアかもしれませんが、そこからいいアイデアにつながることあります。

まとめ

漠然とアイデアを考えていてもまず浮かびません。クライアントの要望を理解し、案件の内容を理解して初めてアイデアが浮かぶものです。

オリエンでちゃんと要望や案件の理解できているとオリエン最中にアイデアが浮かぶことはよくあります。それはちゃんと理解したからこそアイデアが浮かぶのです。

以上のことを実行すればアイデアは次々浮かんで来るのではないでようか。

それでも浮かばいな方はもっといろいろなものを見てセンスを磨かないといけませんね。下の記事を参考にしてください。

【初心者の方必見】デザイン力を上げる(センスを磨く)方法まずこの記事を書く前に僕のことを少し話します。 デザインの仕事を始めてかれこれ20年以上が立ちます。フリーになって15年ぐらいです...

アイデアの参考に!ギャラリーサイトをまとめた記事です。

アイデアの参考に。ギャラリーサイトまとめ今回はパンフレット、カタログ、ロゴデザイン、Webデザインの ギャラリーサイト紹介です。 いいデザインを見ると制作意欲が湧いてき...

アイデア出しの参考になる本をまとめました。合わせてどうぞ。

デザイナーを目指す方にこれだけは読んで欲しいおすすめの本。今回は私が読んでこれは参考になったと思った本を紹介します。 紹介する本にはデザインの基本を勉強する本、デザイン業務をする上でスキル...
関連記事はこちら