デザインのコツ

【重心】がデザインのバランスを決める!バランスの良いデザインの作り方

今回はデザインの重心のお話です。

デザインに重さ・軽さがあるの?

と思うかもしれませんが、あるんです。

なんとなくバランスが悪いなんて時は重心のバランスが崩れているのが
原因かと思われます。

安定感のあるデザインをするには重心を意識することがとても大切です。

デザインのバランス感覚を身につけたいと考えていたら、重心を意識すると良いかもしれません。

では重心の取り方をお話します。

デザインの重心ってなに? 重いとは? 軽いとは?

デザインの重さとは、紙面に配置された要素の重さのことを言います。

要素とは文字、写真、イラスト、アイコン、色面などになります。

文字は太ければ重く、細ければ軽くなります。

また、文字量が多ければ、重く。少なければ、軽くなります。

色の濃い写真は色の薄い写真より重く感じます。

また、要素の大きさでも重さは当然変わってきます。

大きければ重くなり、小さければ軽くなります。

色も同じです。原色とパステルカラーでは原色が重くパステルカラーは軽く感じます。

つまり濃度・密度が高ければ重く、低ければ軽く感じ、
要素が大きければ重く、小さければ軽く感じます。

例えば下の図の左右の丸はどちらが重いと思いますか?

濃度の低い大きな丸(色が薄い)と濃度の高い小さな丸(色が濃い)・・・

なんとなく同じ重さに感じますよね。

これがバランスが取れている状態です。

この重さを意識しながら、
紙面上で重心がセンターになる様にバランスを整えます。

センターから重心がずれていると見た目に何かバランスの悪く、
傾いた印象の安定感のないレイアウトに感じてしまいます。

ではどのようにバランスを取るのか説明します。

 

重心とバランス

紙面上で重心が片寄らない様に重さを意識しながらレイアウトします。

安定した印象は重心をセンターにする。

左の図のようにセンターに要素を配置すると、それだけで安定した
デザインになります。ただ、印象としては動きがなく平凡な印象になりがちです。

右の図は右上、左下にオブジェクトを配置しました。

それぞれの要素が同じ重さなので、重心がセンターになり、安定感が生まれます。

このように紙面上でそれぞれ要素の重さを意識しながら重心をセンターに置くイメージで
デザインするとバランスの良いレイアウトができます。

同じ写真、テキストで重心を変えたレイアウトを作りました。

左はセンターに重心を持ってきた、安定感のあるレイアウトです。

右は右上、左下に要素を配置したレイアウトです。

それぞれの要素が釣り合ってセンターに重心があります。

余白をうまく使うことでデザインのバランスをとることができます。余白の記事も参考にどうぞ。

余白をデザインする。余白のバランスを取る簡単な方法を解説デザインをしていると、なにかデザインが窮屈な感じがするとか 落ち着いた、お洒落な感じにしたいのに なんかゴチャゴチャしていて、も...

色のバランス

配色にもバランスはあります。例えば下の画像は写真で使われている色を下の表に入れて全体のバランスをとっています。これをやりすぎると平坦な印象になってしまうので、バランスが少し悪いなっと思ったときにやってみる価値はあります。

 

まとめ

重心のお話、どうでしたでしょうか。

デザインには重さがあることが理解できたでしょうか。

重心をセンターに持っていくことが安定したレイアウトになるコツです!

私もデザイナー駆け出しの頃は闇雲にバランスを考え、
悩みながらレイアウトしていました。

このデザインの重さを理解していればもっと簡単にバランスがとれたデザインが
出来ていたかと思います。

バランスと同じぐらいにデザインで大切なのは、わかりやすさ、読みやすさです。デザインの基本の【デザインの4原則】の記事も参考にどうぞ。

デザインの基本!4原則で劇的にデザインが変わる!デザインの4原則って聞いたことありますか? これからグラフィックデザイナーを目指す方、またはグラフィックデザイナー初心者の方はこの...

参考になれば幸いです。

デザインの重心のお話でした。

関連記事はこちら