illustratorの使い方

【イラレの使い方】知らないと損するアピアランス!(基本編)

イラストレーターのアピアランスって使っていますか?使っていないって人はだいぶ損していますよ。アピアランスを使えると使えないでは作業効率がかなり違ってきます。

初心者の方も基本を理解すれば今まで面倒な効果も簡単に効率よく作ることができます。

この記事ではアピアランスの基本的な操作と仕組みを説明します。初心者の方や今までアピアランスをあまり使ったことのない方にぜひ見て欲しいです。

アピアランスとは

アピアランスとはオブジェクトやテキストに複数の装飾をすることができる機能です。

アピアランス属性

  • 塗り(色・パターンを塗る)
  • 線 (色をつける、線の太さを変える)
  • 透明度 (透明度を調整する)
  • 効果 (影をつける、ぼかす、変形など)

上記4つの属性をアピアランスパネルで操作できる項目です。

つまり、アピアランスパネルを使用しない場合、塗り・線はカラーパネルで指定し、透明度は透明パネルで指定し、効果はスタイライズとそれぞれで指定していたものを、それらの指定を全てアピアランスパネル上で同時に指定・調整ができるようになります。

アピアランスパネル

アピアランスパネルで4つの属性(塗り・線・透明度・効果)を設定します。

メニューから「ウィンドウ」→「アピアランス」を選択

初期設定でのアピアランスでは「塗り」と「線」の項目がひとつずつ用意されています。属性を追加したり、特定の属性のみに効果を設定することができます。

下の画像の文字に装飾をする場合、アピアランスを使わないと、塗り、線、ぼかしの文字を何層も重ねて作らなければなりませんが、アピアランスを使えば、指定だけで簡単に作ることができます。

アピアランス設定前の注意点

文字にアピアランスを設定する前に文字の色の指定を「塗りなし」「線なし」にする必要なあります。

通常文字を入力すると黒で表示されます。これはすでに黒の色がついている状態です。

このままアピアランスで色指定をすると黒い文字の上に色を乗せた状態になります。

よく見ると分かりますが文字の周りにうっすらと黒が見えます。この状態で印刷すると黒が出る可能性があります。

なので文字にアピアランスの指定をするときは、色の指定を最初に「塗りなし」「線なし」にしましょう。

 

アピアランスの設定

アピアランスは4つの属性「塗り」「線」「不透明度」「効果」のそれぞれの設定を解説します。

塗りの設定

オブジェクトを選択した状態でアピアランスパネルの「塗り」を選択します。

カラーパネルやスウォッチから色を指定します。

オブジェクトの塗りの色が変わりました。

色変更の他に、パターンやグラデーションの指定もできます。

線の設定

前で指定した塗りの設定に「線」を設定してみます。

オブジェクトを選択した状態でアピアランスパネルの「線」を選択します。

塗りと同様にカラーパネルやスウォッチから色を指定します。また線の太さの指定もできます。

オブジェクトの線の色が設定できました。

効果の設定

前で指定した塗りの設定に「効果」を設定してみます。

アピアランスを設定するオブジェクトを選択します。

アピアランスパネルから「線」を選択します。(ここでは線を選択しましたが、塗りを選択したり、オブジェクト全体に効果をつけることもできます。

アピアランスパネルの下の「fx.」アイコンをクリックすると、効果の一覧が表示されます。ここではよく使う「ドロップシャドウ」を選択します。

「ドロップシャドウ」のダイアログボックスが表示されるので、ここで効果の細かい設定ができます。

「ドロップシャドウ」のダイアログボックス「OK」をクリックすると完成です。

どこに効果を付けるか指定する

上ではアピアランスパネルの「線」選択して効果を付けましたが、選択せずに効果をつけると、オブジェクト全体に効果かつけることができます。

不透明度の設定

「不透明度」は「効果」と同様に線、塗り、全体に調整が可能です。

アプアランスパネルの線、塗り、全体にある「不透明度」をクリックすると調整ができます。

ここでは全体に不透明度50%に指定しました。

もちろん、塗りだけを不透明度の変更も可能です。透明パネルでは全体の不透明度しか変更出来ませんが、アピアランスパネルでは塗り、線、効果を個別で変更することができます。

アピアランスの構造

順番を変える

アピアランスの「線」「塗り」はレイヤーと同じような構造になっています。

「線」と「塗り」の順番を変えることができます。

これを利用すると文字の縁取りをした時に、文字が細くなることなく縁取りができます。

 

線・塗りの追加

アピアランスパネルの下にある「新規線の追加」、「新規塗りの追加」からそれぞれ追加が可能です。

もちろん、追加した「線」、「塗り」の順番も変えられます。

アピアランスパネルの一番上にある項目が前面に表示され、下にいくごとに背面に表示されます。

 

アピアランスの単位

アピアランスパネルの最大の特徴は「グループ」・「レイヤー」にもアピアランス属性の4つ(塗り、線、透明度、効果)を適用できることです。

アピアランスを適用できる単位

  • パス(オブジェクト)
  • グループ
  • レイヤー

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、これから一つずつ解説します。

パス(オブジェクト)にアピアランスを適用

例えばオブジェクトを選択してアピアランスで色の指定をします。

これは今まで解説してきたオブジェクトに対してアピアランスを適用する場合です。

アピアランスパネルの一番上に[パス]と表示されています。これは1つもしくは複数のオブジェクトを指定した時に表示されます。

[パス](オブジェクト)のアピアランスということです。

グループにアピアランスの適用

[パス]で使用したオブジェクトにもう一つオブジェクトを追加してをグループ化します。そうするとアピアランスの先程の[パス]が[グループ]になります。

イラストレーターのグループ化の使い方とトラブル解決イラストレーターでよく使う機能の一つにグループ化があります。 レイアウトを効率よく進めるためには非常に便利な機能ですが、グループ化...

[パス]で指定した塗りの指定は表示されていませんが、なくなったわけではありません。「グループ」の下にある[内容]をダブルクリックすると先程の指定を確認できます。

今度はこの1つのグループには[新規線を追加]で線を追加しました。グループ化された2つのオブジェクトに線が適用されました。

つまり、アプアランスパネルがグループになっている時は、そのグループ全体に対して効果が付けられるということです。

ここではグループ全体に紺色の線を指定しました。

レイヤーにアピアランスを適用

次はレイヤーにアピアランスを適用します。

レイヤーパネルの名前の横に◯のアイコンがあります。これをクリックします。するとアピアランスパネルの先程[グループ]だったのが[レイヤー]になります。

レイヤーには[新規効果の追加]をクリックしてスタイライズ>ドロップシャドウを選択してみます。

全てのオブジェクトにドロップシャドウが適用されました。

レイヤー全体に「ドロップシャドウ」のアピアランス属性を適用したことになります

試しにこのレイヤーに別のオブジェクトを追加するとドロップシャドウのみが適用されます。レイヤーに追加する全てのオブジェクトにドロップシャドウの効果が適用されます。

つまり、レイヤー自体にアピアランス効果を付けるので、そのレイヤーにオブジェクトを追加するだけでアピアランスが適用されます。

レイヤーについての記事も参考にどうぞ。

【イラレ】初心者の為のレイヤーの基本と使い方を解説イラストレーターでチラシやパンフレットなど制作すると、文字、図形、写真など要素がいろいろと増えてきますよね。いろいろ要素が多くて背景の色...

 

アピアランスパネルの使い方

通常の塗りや線の指定ではそれぞれ1つしか指定できませんが、アピアランスパネルを使うと線や塗りなどを複数指定できることです。またその塗り・線の指定の順番を変えられます。

どのような時に使うかというと、フクロ文字や地図の作成の時に大変便利です。

まとめ

どうだったでしょうか?理解してしまえばそんなに難しくはないと思います。

アピアランスには3つの単位(パス、グループ、レイヤー)があることを知れば使い方は色々と広がりますし、作業の効率的になります。

まだまだアピアランスパネルには便利な使い方があるので別の記事で紹介します。

お役に立てれば幸いです。

 

関連記事はこちら