illustratorの使い方

【イラレの使い方】タブを使ってきれいに揃える

イラストレーターで飲食店のメニュー表や目次を作る時、商品名と価格の間をスペースで揃えたり、別のエリア内文字を使ってレイアウトしていませんか。

そんなことをしなくても「タブ」を使えば簡単に揃えることができます。

今回はイラストレーターの「タブ」機能の紹介をします。

タブ使い方

タブの説明をする前に完成のイメージを確認します。

左右を揃えて商品と価格の間にガイドの破線を入れます。

では作り方の解説をしていきます。

商品名と価格の間に「Tab」を入れます。

すべての商品と価格の間に「Tab」を入れます。

「制御文字を表示」にする

このままだと、Tabが入ったかわからないのでメニューから「書式」→「制御文字を表示」を選択。

【mac:command+option+I (アイ)    win:Ctrl+Alt+I (アイ)】

するとTabを打ったところにが表示されます。これでどこにタブが入っているかがわかりやすくなりました。

これはガイドなのでpdfに書き出したり最終の仕上がりには影響ありません

「タブ」ウインドウを表示する

揃えたいテキストを選択した状態で

メニューから「ウインドウ」→「書式」→「タブ」を選択。

【mac:command+Shift+T    win:Ctrl+Shift+T 】

テキストの上にタブパネルが表示されます。

タブパネルとテキストがずれてしまった時は、テキストを選択した状態でパネル右の磁石ボタンをクリックします。テキストの上に「タブパネル」が移動します。

テキストを揃える

ここでは「右揃え」を選択してルーラー上をクリックします。

クリックした位置にタブで区切られた文字が右揃えで表示されます。

クリックでできた位置を左右にドラッグすると位置の調整ができます。また、数値を入力するやり方もあります。ここでは80mmと入力してみます。

間違えて、複数のタブを入れてしまった時など、いらないタブを選択してタブパネルの右上のメニューから「タブを消去」を選択します。選択したタブのみ消去されます。

また、選択したタブを上のグレーの部分にドラックしても同じく消去できます。

全てのタブを消去する場合は「すべてのタブを消去」を選択します。

スペースに破線を入れる

空いたスペースに破線を加えます。リーダーに「…」を入力します。

完成しました。

複数のタブを入れる

タブを複数入れることも可能です。

下の画像は商品・コメント・価格のそれぞれの間に「Tab」を入れて揃えました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タブを使えば簡単にきれいに揃えることができます。

以前、電化製品のカタログを作った時など、製品のスペック表を作るときに大変役に立ちました。スペースやエリア内文字でもできますが、データが複雑になりミスの原因になる恐れがあります。タブを使うことでシンプルできれいなデータが作れます。

覚えて損はない機能です。

文字入力の便利な機能を紹介しした記事も合わせてどうぞ

【イラレの使い方】ポイント文字とエリア内文字の意外と知らない便利機能今回はイラストレーターの文字入力で便利な機能を3つ紹介します。 ポイント文字をエリア内文字に切り替える テキストエリアの...

参考になったら幸いです。

 

関連記事はこちら