illustratorの使い方

【イラレの使い方】テキスト・オブジェクトを手書き風にする方法

 

イラストレーターでテキスト・オブジェクトを手書き風にする方法を紹介します。
とても簡単ですので変わったタイトルにしたい。イラストを手書き風にしたいなど
アクセントで使えるのではないでしょうか。

【イラストレーター】手書きスケッチ風 完成イメージ

塗りの加工

加工したいテキストを入力します。(サンプルは60ptです)
文字テキストの塗りは【なし】にします。

テキストを選択してアピアランスの【新規線】と【新規塗り】を追加します。
このアピアランス上で色を決めます。

初めてアピアランスを使う人はわかりづらいかもしれませんが
慣れれば簡単です。

下のようになります。一見普通に色を付けたように見えますが
アピアランスで色を指定するのがポイントです。

 

テキストを選択した状態で
【メニュー】>【効果】>【ラスタライズ】>【落書き】を選択します。

すると下の落書きオプションの画面が出ますので調節しながら思ってるイメージに
近ずけます。
ここはいろいろ試しながらイメージに近づけてください。
プレビューにチェックを入れて確認しながら調整するとやりやすいです。

フォントサイズによって設定も変わってきますので
大きめのフォントで調整したほうがやりやすいと思いますよ。

コツとしては太めのフォントで【落書きオプション】の線幅は
細めの方がスケッチ風な感じが出やすいと思います。

線の加工

テキストを選択した状態で【メニュー】>【効果】>【ハスの変形】>【ラフ】を選択します。

下の画面が出てきますのでバーを調整してイメージに近づけてください。
プレビューにチェックを入れて確認しながら調整するとやりやすいです。

完成のイメージにもよりますが、【サイズ】を1〜3%ぐらいにして【詳細】を
調整するとやりやすですよ。【ポイント】はお好みで。

以上のやり方で下の絵のような手書きスケッチ風文字の完成です。

 

応用編

この機能を使った他の表現を紹介します。
イラストを手書き風にしたものです。

線を【ブラシ】の鉛筆などを使ったらまた違った表現になって面白いと思います。
よかったら試して見てください。

以上、【イラストレーター】テキスト・オブジェクトを手書き風にする方法でした。

アピアランス機能を使うとよりスムーズに作業が進みます。参考にどうぞ。

【イラレの使い方】知らないと損するアピアランス!(基本編)イラストレーターのアピアランスって使っていますか?使っていないって人はだいぶ損していますよ。アピアランスを使えると使えないでは作業効率が...
関連記事はこちら