illustratorの使い方

【イラレの使い方】ポイント文字とエリア内文字の意外と知らない便利機能

今回はイラストレーターの文字入力で便利な機能を3つ紹介します。

  • ポイント文字をエリア内文字に切り替える
  • テキストエリアのサイズを文字量に合わせて自動で調整
  • 縦組みで横に回転している英数字を正しく直す

以上の3つを紹介します。

ポイント文字とテキスト内文字を使い分けることはきれいなレイアウトするために必要なことです。また、作業も効率よく進められる様になります。

どれも知っていると便利な機能ばかりです。

 

ポイント文字とエリア内文字の違い

まず最初に基本的な「ポイント文字」と「エリア文字」の違いを簡単に説明しておきます。

わかってるよって方は飛ばしてください。

ポイント文字とは

テキストツールを選択してアートボード上でクリックし、テキストを入力します。このテキストを「ポイント文字」と呼びます。

エリア内文字とは

テキストツールを選択してアートボード上でドラッグして、テキストボックスを作り、テキストを入力します。このボックスに入った文字のことを「エリア内文字」と呼びます。

 

ポイント文字とエリア内文字を切り替える

ポイント文字をエリア内文字に切り替える

一度入力した「ポイント文字」から「エリア内文字」に切り替えるやり方です。

「ポイント文字」から「エリア内文字」に切り替え方を説明します。

ツールパネルの「選択ツール」を選択します。

ポイント文字を選択します。

選択すると文字の右側にが表示されますので、そのをダブルクリッックします。

ポイント文字がエリア内文字に切り替わりました。

エリア内文字をポイント文字に切り替える

今度は逆に「エリア内文字」から「ポイント文字」に切り替え方を説明します。

ツールパネルの「選択ツール」を選択します。

エリア内文字を選択します。

選択すると文字の右側にが表示されますので、そのをダブルクリッックします。

エリア内文字がポイント文字に切り替わりました。エリア内文字の時と同じ状態で改行されています。

エリア内文字のボックスに文字が入りきらない状態で切り替えると、警告のポップアップがでます。「はい」を押すと隠れた文字が消えてしまいますので注意が必要です。

ポイント文字をエリア内文字に切り替えるやり方でした。

エリア内文字のサイズを文字量に合わせて自動で調整

エリア内文字のエリア内に入りきらない文字がある時にエリアの右下に(赤い四角)が表示されます。

このエリア内文字の高さをテキストに合わせて自動で調整するように設定できます。

選択したテキスト内文字の下にあるをダブルクリックします。

文字量に合わせてエリアが調整されました。

元に戻す方法

下の状態に戻す方法はエリア内文字を選択して、下にあるをダブルクリックすると元のエリア内文字に変わります。

以上がエリア内文字のサイズを文字量に合わせて自動で調整するやり方となります。

常にエリア内文字を自動調整にする場合

最初からエリア内文字を自動調整の状態にしたい場合のやり方を解説します。

メニューの「illustrator」→「環境設定」→「テキスト」を選択します。

環境設定のダイアログボックスが表示されます。

「新規エリア内文字の自動サイズ調整」にチェックをいれます。

新規で作るエリア内文字が全て自動調整された状態で表示されます。

 

縦組みで横に回転している英数字を正しく直す

縦組みでエリア内文字にテキストを流すと英数字が横に回転した状態で表示されてしまいます。

この英数字を正しく表示するやり方を解説します。

英数字を回転させる方法

修正する英数字を選択します。

「文字パネル」のメニューから「縦中横」を選択します。

「縦中横」が設定され、修正されました。

縦中横の調整

修正した文字を選択した状態で、文字パネルのメニューから「縦中横設定」を選択すると「縦中横設定」のダイアログが表示されます。上下、左右の文字の位置が調整できます。

欧文の文字を回転させる方法

欧文も英数字と同じで横になった状態で表示されてしまいます。

この修正方法を解説します。

テキストオブジェクトを選択します。

文字パネルのメニューから「縦組み中の欧文回転」を選択します。

テキスト内文字の内の欧文が縦に表示されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いつも何気に使っているポイント文字とテキスト内文字にもこんな便利な機能がありました。

ポイント文字とテキスト内文字を使いこなして、効率よく作業を進めてください。

タブの使い方とルビの入れ方の記事も合わせてどうぞ。

【イラレの使い方】タブを使ってきれいに文字を揃えるイラストレーターで飲食店のメニュー表や目次を作る時、商品名と価格の間をスペースで揃えたり、別のエリア内文字を使ってレイアウトしていません...
イラストレーターで漢字・英語にルビを振るやり方イラストレーターには残念ながらルビを振る機能はありません。 キャッチコピーだけにルビを振るのであればひらがなを別で配置すれば良いの...

フォントの選び方の記事も参考にどうぞ。

書体の解説!デザインが変わる伝えるためのフォント選び方と解説初心者のデザイナーさんやノンデザイナーによくありがちなのが個性的なフォントをよく使うことがあります。 おそらく書体で個性を出したか...

参考になれば幸いです。

 

関連記事はこちら