illustratorの使い方

【イラレの使い方】配置画像のリンクと埋め込みの違いを理解しよう!

みなさんもイラストレーターのデータを開いた時リンクが切れて画像が表示されない!なんてことがありますよね。私は結構ありました。。と言うか何度もあります。

イラストレーターで画像の配置では【リンク】と【埋め込み】の2種類があります。それぞれにメリット、デメリットがありますので、データ制作おいて用途にあわせて使い分けることをおすすめします。

この記事では画像配置の【リンク】と【埋め込み】をわかりやすく解説します。

配置のやり方

【リンク】と【埋め込み】の違いの前に配置のやり方は下の記事を参考にどうぞ。

【イラストレーター】画像の配置のやり方と注意点画像の挿入や差し替えはイラストレーターで頻繁に使う機能です。 正しく覚えることで間違いのなく、効率的に作業を進められるかと思います...

【リンク】と【埋め込み】の違いを理解する

【リンク】と【埋め込み】の違い

配置した画像を選択すると【リンク】画像は斜線表示され、【埋め込み】画像は斜線はありません。

リンクパネルではリンク画像は名前だけですが、埋め込み画像は名前の横にアイコンが表示されます。

【リンク】の特徴

【リンク】は画像を配置した時に外部ファイルをイラストレーターに読み込んでいる状態です。なので配置した画像を変更するとイラストレーターの配置した画像もその変更を反映した状態で配置されます。

また、リンクした画像を違うフォルダに移動するとイラストレーターを開いたとき、画像が読み込めなくなります。

リンクを使う時は、イラストレーターの書類とリンクの画像はセットで同じフォルダに入れるようにしましょう。

また、データを印刷所や他の人に渡すときも、イラストレーターデータと配置した画像の両方が必要になります。

【リンク】のメリット

  • 配置した画像の編集が容易
  • イラストレーターのデータ容量が軽い
  • 元画像を変更すると反映される

【リンク】のデメリット

  • 配置した画像データの管理が必要
  • データ入稿時配置した全ての画像が必要

リンクはイメージ写真など修正などが発生する可能性のあるものはリンクが良いでしょう。

入稿時にリンクしてる写真を簡単に集めて一つのフォルダに入れてくれるパッケージという機能があります。この機能を使えば入稿時のリンクの写真不足のミスはなくなると思います。参考までにどうぞ。

【イラレの使い方】リンク画像を自動で一つのフォルダに取集するパッケージの解説イラストレーターで制作したデータを印刷会社に入稿したり、別の人にデータを渡したりすることありますよね。 そんな時、写真データが多か...

【埋め込み】の特徴

【埋め込み】はその名の通りイラストレーターに画像データを埋め込むことで一つのオブジェクトの扱いとなります。

リンクと違い、埋め込みの場合は印刷所や他の人にデータを渡す時に、画像データは不要となります。

また、画像を変更した場合、「リンク」の場合は変更したデータが反映されましたが、「埋め込み」の場合は反映されませんので配置し直す必要があります。

【埋め込み】のメリット

  • 配置した画像データの管理が不要
  • 入稿時イラストレーターデータのみでOK

【埋め込み】のデメリット

  • イラストレーターのデータ容量が重い(画像データの容量も含むので)
  • 埋め込み画像の編集が面倒
  • 元画像を変更しても反映されない

埋め込みはロゴなどの変更がないものは埋め込みした方が入稿時のミスが少なくなるでしょう。

【リンク】画像を編集する

配置した画像データを選択し、リンクパネルのエンピツアイコン(オリジナルを編集)をクリックします。

または(mac:command+option+画像ダブルクリック)(win:Ctrl+Alt+画像ダブルクリック

配置した画像データがフォトショップデータで開きます。

フォトショップデータを修正し、保存する。

イラストレーターに戻るとダイアログボックスが表示され[はい]をクリックすると修正済みのデータに更新されています。改めてリンクする必要がありません。

【埋め込み】画像を抽出し、【リンク】画像にする

ここでは【埋め込み】した画像を抽出し、別ファイルとして書き出す方法を紹介します。

埋め込まれている画像オブジェクトを選択して、リンクパネルのメニューから[埋め込み解除]を選択します。

[埋め込みを解除]ダイアログボックスが表示されるので保存場所とファイル名、保存形式(psdかtiff)を設定します。

画像を保存するとイラストレーターのデータには今保存したデータとリンクされています。配置し直さなくでも大丈夫!リンクパネルを確認するとちゃんとリンクになっています。

この時に抽出した画像はイラストレーターのデータと同じフォルダに保存することをお勧めします。

とっても簡単でとっても便利!

まとめ

リンクの多いデータでは画像の管理がとても重要です。一つのフォルダに画像は全てまとめて置くことが基本です。

以前、印刷屋さんへ入稿する際、イラストレーターとリンクデータが入っているフォルダを入稿した時、フォルダの画像がイラストレーターのリンクしているものと違っていたことがあり、痛い目にあいました。それ以来、フォルダに入っているイラストレーターと画像データをそのまま入稿はせずに、入稿時は必ず、イラストレーターから「パッケージ」機能を使って集めた画像で入稿しています。

配置画像を集める記事も参考にしてください。このパッケージ機能は大変便利な機能です。

【イラレの使い方】リンク画像を自動で一つのフォルダに取集するパッケージの解説イラストレーターで制作したデータを印刷会社に入稿したり、別の人にデータを渡したりすることありますよね。 そんな時、写真データが多か...

お役に立てれば幸いです。

関連記事はこちら