MENU

【イラレ】配置した画像の拡大・縮小率を100%に戻す方法

イラストレーターで配置した画像の過度の拡大は解像度不足となり粗くなります。

リンクパネルの「拡大・縮小」を確認しながらサイズを変えてもできますが、正確に100%に戻すことは面倒です。

この記事では配置画像を簡単に100%に戻す方法を紹介します。

目次

配置した画像の拡大・縮小率を100%に戻す

  1. 拡大・縮小率100%に戻したい配置した画像を「選択ツール」で選択します。
  2. 「リンクパネル」を開き、パネル下にある「▶︎」をクリックして詳細情報を表示します。
  3. 「拡大・縮小」の値を確認します。ここでは206.151%に拡大されています。
  1. 画像を選択した状態で、ツールバーの「拡大・縮小ツール」アイコンをダブルクリックします。「拡大縮小」ダイアログボックスが表示されます。
  2. 「拡大・縮小」ダイアログボックスの「縦横比を固定」を選択して
    「10000/リンクパネルの拡大・縮小の値」を入力します。

ここでは「10000/206.151」となります。

OKをクリックすると画像の大きさが変わります。

  1. 画像を選択した状態で「リンクパネル」の拡大・縮小を確認すると100%になっています。

上のやり方は埋め込み画像でも可能です。

リンク・埋め込み画像の注意点

リンク画像と埋め込み画像では同じ画像でも拡大率が変わってきます。

リンク画像の場合は画像の解像度を基準に拡大率が表示されます。例えば画像が300dpiの場合、300dpiで100%の大きさで表示されます。

一方、埋め込み画像の場合は72dpiで表示されるので、同じ画像でも縮小されて表示されます。

どちらもデータの容量は同じですが表示方法が変わってきます。

印刷のデータ制作する場合、配置した画像は100%の300dp以上が必要になってきます。

なので埋め込み画像の場合、縮小率が24%より値が大きくなると粗くなる可能性が出てきますので注意しましょう。

Photoshopの解像度についての記事も参考にどうぞ。

まとめ

配置した画像を100%に戻るやり方でした。

印刷時の画像の解像度は見落としがちです。入稿時は必ず、配置画像のサイズをチェクしましょう!

参考になったら幸いです。

参考書紹介

イラストレーターを独学で学びたい方に。レベルに合わせた参考本の紹介をしています。参考までに

Illustratorを安く買う方法

デザインワークにはイラストレーターやフォトショップは必須のアプリです。

まだイラストレーターをお持ちでない方や期限がもうすぐ切れそうな方は下の記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる