illustratorの使い方

イラレでオブジェクトや画像の自由変形のやり方

イラストレーターでオブジェクトの変形は非常によく使う作業です。

文字やオブジェクトの変形と写真も変形が可能です。

画像データはそのままでは自由変形できません。

この記事では自由変形ツールの使い方を解説します。

自由変形ツール

ツールバーの自由変形をクリックするとサブツールバーが現れます。

縦横比固定

選択すると縦横比を固定した状態で拡大縮小の変形が可能になります。

形がそのままで拡大縮小ってことです。

自由変形

自由変形はオブジェクトを囲うボックスの角の「○」をドロップ&ドロップで【拡大・縮小】【回転】ができます。

オブジェクトを囲うボックスの辺の中心にある「○」をドロップ&ドロップで平行四辺形に変形できます。

遠近変形

遠近変形はオブジェクトの角をドラッグ&ドロップで2点を拡大・縮小されます。

奥行きのある表現ができます。また、台形を作る時に便利です。

パスの自由変形

パスの自由変形は選択したオブジェクトを囲うボックスの角をドラッグ&ドロップで自由に変形ができます。

イラレで画像を自由変形

イラストレーター上で配置画像の自由変形を紹介します。

下の画像のように配置した画像データをPC画面に自由変形して合成します。

❶変形する画像データを「埋め込み」のデータにする。

画像を選択した状態で「リンク」パネルの右上のタブから【画像を埋め込み】を選択します。

画像の埋め込みについての記事も参考にどうぞ。

イラレの画像の「リンク」と「埋め込み」の違いと配置方法みなさんもイラストレーターのデータを開いた時リンクが切れて画像が表示されない!なんてことがありませんか? 私は結構ありました。。と言うか...

 

❷画像をメッシュデータにする

画像を選択した状態で「オブジェクト」→「エンベロープ」→「メッシュで作成…」を選択します。

画像にメッシュがかかります。

メッシュの設定は特に変更なしで、そのまま「OK」をクリックします。

画像にメッシュがかかります。

❸自由変形ツールで変形

「自由変形ツール」から「パスの自由変形」を選択します。

画像の4つの角が自由に変形できるようになります。

あとは画面に合わせて変形すれば出来上がりです。

 

まとめ

イラストレーター上でも色々な変形が可能です。

また他の記事でそれらを紹介していきたいと思います。

参考になったら幸いです。

 

関連記事はこちら