MENU

【イラレ】RGBとCMYKのカラーモードを変換する方法と注意点。

カラーモードの指定は「新規ファイル」を作る際に指定がありますが、書類を作った後でもカラーモードの変更は可能です。

ただ、RGBからCMYKに変換した場合はカラー領域の違いから色がくすむ場合があります。

この記事ではRGBとCMYKのカラーモードを変換する方法と注意点を紹介します。

目次

RGBとCMYKのカラーモードの変換方法

カラーモードの変換の方法を紹介します。

RGBからCMYKにカラーモードを変換

  1. RGBの書類を開きます。

ファイル名称が記載されているタブに現在のカラーモードが表示されています。

  1. 上のメニューから「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」→「CMYKカラー」を選択します。
  1. RGBからCMYKにカラーモードが変更されました。

CMYKからRGBにカラーモードを変換

CMYKからRGBに変換する方法は上記のやり方と同様に変換できます。

上のメニューから「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」を選択すると「CMYK」にチェックがあるので、「RBG」を選択します。

CMYKからRGBに変換できます。

RGBとCMYKの違い

CMYKカラーとは

CMYKカラーはC=シアン、M=マゼンタ、Y=イエロー、K=ブラックの色料の3原色プラス黒で構成されています。

この4色を掛け合わせて色を作っていきます。絵の具を混ぜるのと同じ感覚です。

印刷ではこの4色でカラー印刷をするので、イラストレーターでも、印刷を目的で制作する場合はカラーモードをCMYKで作成します。

RGBカラーとは

RGBは光の三原色、R=レッド、G=グリーン、B=ブルーの3色を組み合わせて色を表現します。ディスプレイなどは全てRGBになります。WEBなどは、ディスプレイでみるので、当然RGBで作成します。

RGBは色が重なり合うと最終的には白になります。

カラーモード変換の注意点

カラーモードを変換するといくつかの注意点があります。

RGBカラーからCMYKカラーの変換時の色の「くすみ」

CMYKカラーとRGBカラーではカラー領域が異なります。CMYKカラーはRGBカラーよりカラー領域が狭く、特に蛍光色に近い明るい色はCMYKでは表現できません。

特にピンク色のはくすんだ感じになります。

CMYKカラーのカラー領域の方が狭いことで、RGBカラーで色指定したものをCMYKカラーに変換すると「くすんだ」色になってしまいます。

なので、RGBカラーからCMYKカラーに変換するときは、色の変化に注意が必要です。

逆にCMYKカラーからRGBカラーに変換した場合は大きな色の変化はありません。

カラーモードは一度変換すると元の色味には戻りません。

カラーモードを変えればまた戻るかと思いがちですが、一度変換した色味は元に戻すことはできません。注意しましょう!

例えば、RGBで作ったデータをCMYKに変換したとします。色がくすんだからと言って、RBGにカラーモードを戻してもデータ上ではRGBですが、色味はCMYKのままで、RGBの色味にはもどりません。

特にRGBからCMYKに変換するときは色味がかなり変わるので、気をつけましょう。

  • 取り消しで戻すことは可能です。command+Z(Win:Ctrl+Z)

CMYKに変化する前に、ブレビューで確認する

一度変換すると元に戻すことができませんが、プレビューで確認することはできます。

  1. 上のメニューから「表示」→「校正設定」→CMYKを選択します。
  2. 次に同じく「表示」→「色の校正」を選択します。CMYKに変換した場合の色味を確認することができます。

配置画像の確認

当然、配置した画像データにもRGBカラーとCMYKカラーがあります。イラストレーターデータはCMYKでも、配置した画像がRGBのままだと、印刷時に思った色にならない場合があります。

配置した画像もイラストレーターと同じカラーモードに変換しましょう。

カラーパレットの変更

カラーモードを変換するとデータ上では変換されていますが、カラーパレットは、変換前の設定になっています。

つまり、RGBカラーからCMYKカラーに変換した場合、カラーパレットはRGBの指定になっています。

カラーパネルの右上のメニューからカラーモードを変更して、ドキュメントと同じカラーモードにしましょう。

まとめ

カラーモードの変換と注意を紹介しました。

RGBモードからCMYKモードの変換は色味が変わるので気をつけましょう。

参考になったら幸いです。

Illustratorを安く買う方法

デザインワークにはイラストレーターやフォトショップは必須のアプリです。

イラストレーターやフォトショップなど20以上のアプリがセットになったAdobe CCが格安で買える方法があります。

まだイラストレーターをお持ちでない方や期限がもうすぐ切れそうな方は下の記事をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる