MENU

DTPってなに?DTPオペレーターについて仕事内容やなり方を解説

DTPってなに?DTPオペレーターについて解説

今回はDTP(ディーティーピー)について解説します。

チラシ、パンフレット、ポスターなど印刷物に深く関わっているのがDTPです。

今回はDTPオペレーターになるための方法や必要なスキル、仕事内容などDTPについて詳しく解説します。

目次

DTPとは

DTP(Desktop Publishing)とは、デスクトップパブリッシングの略で、パソコンを使用して印刷物を制作するプロセスのことをいいます。

出版物や印刷物を作成するために、テキスト、グラフィック、写真などの要素をPC上で構成して、印刷可能な状態のデータ制作します。

そのデータ制作する職種を【DTPオペレーター】と言います。

DTPオペレーターが制作したデータが印刷所に入稿されて、印刷が行われます。

以前はグラフィックデザイナーがデザインをして、そのデザイン原稿を元に写植を使った「版下」と呼ばれる原稿を専門の方が制作していました。その後、「版下」は製版会社に回され印刷の版を作るためのフィルムを制作します。出来たフィルムを印刷会社で「版(刷版)」にしてようやく印刷が行われます。このようにDTPが登場する前は複数の人の手と、さまざまな工程で作られていました。

DTPオペレーターの仕事

DTPオペレーターとは、デザイナーが制作したデザイン・レイアウトを指示に従って印刷用のデータをパソコンで制作する仕事になります。

DTPオペレーターとデザイナーの違い

DTPオペレーターはデザインされたコンテンツを実際の印刷物に仕上げる作業を行い、デザイナーはアートワークやデザインの創造的なプロセスに従事します。

ただし、小規模なプロジェクトの場合はDTPオペレーターがデザインまでする【DTPデザイナー】と言われる職種もあります。

現在ではグラフィックデザイナーがDTPオペレーションまで行うことが多いので、DTPオペレーターが行う業務はデザイン性のないものやデザインがフォーマット化された印刷物が多いようです。

グラフィックデザイナーとDTPデザイナーの違い

グラフィックデザイナー(Graphic Designer)とDTPデザイナー(Desktop Publishing Designer)は、デザインの分野で似ているようで異なる専門家です。

グラフィックデザイナーは、広範なメディアやプロジェクトにわたるデザインを手がけます。これにはロゴ、広告、ウェブデザイン、パッケージデザインなどが含まれます。

これに対してDTPデザイナーは主に印刷物に焦点を当てており、雑誌、パンフレット、ポスター、書籍などの印刷物のデザインやレイアウトを担当します。

グラフィックデザイナーは幅広いメディアにわたるデザインを扱い、DTPデザイナーは主に印刷物のデザインとレイアウトに特化しています。

しかし、仕事の範囲は会社やプロジェクトによって異なるため、厳密な区別ができるわけではありません。

DTPで使用されるアプリケーション

DTPで使用されるアプリケーションは主に以下の5つになります。

Adobe Illustrator

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)はベクター形式のグラフィックデザインソフトウェアです。ポスター、チラシ、名刺、イラストレーション制作などDTPには欠かせないソフトです。

Adobe Illustratorで印刷物のレイアウトを行います。

Adobe Photoshop

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)は写真の加工、合成、レタッチなど画像編集のソフトになります。DTPでは主に写真の色調整、レタッチやファイル形式の変更などに使われます。

Adobe Photoshopで加工した写真をAdobe Illustratorに配置して使います。

Adobe InDesign

Adobe InDesign(アドビ インデザイン)は雑誌やカタログなどページ数の多い印刷物のレイアウトに使われます。ページ物に便利な機能が搭載されています。

Adobe Acrobat

Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)は、制作したデータをデザイナーやクライアントに確認してもらうためのソフトウェアです。このツールを使用すると、データをPDF形式に変換されます。

PDFデータを印刷用データにすることも可能です。

QuarkXPress

QuarkXPress(クォーク エクスプレス)はAdobe InDesignと同じくページ数の多い印刷物のレイアウトに使われます。ただ、現在ではAdobe InDesign(アドビ インデザイン)が主流となっています。

DTPオペレーターの必要なスキル

DTPオペレーターの必要なスキルは以下となります。

  • アプリケーションを使うスキル
  • 印刷プロセスの理解と知識
  • グラフィックデザインの基礎知識

ソフトウェアを使うスキル

Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe InDesignなどのソフトウェアを熟知している必要があります。ただ、制作物によってはIllustratorだけで良い場合もあるし、冊子などを制作するところではInDesignのみを使うところもあります。

印刷プロセスの理解と知識

DTPオペレーターは印刷可能なデータを作ることが仕事なので、印刷に関する基本的な知識が必要になります。理解していないと意図しないものが印刷されたり、印刷会社が受け付けない場合もあります。

グラフィックデザインの知識

文字組や住所組などでも行間や文字の大きさなど、基本的なレイアウトスキルが必要になります。デザイナーからの指示は大まかなレイアウト指示の場合が多く、細かな微調整はDTPオペレーターの作業となります。

DTPオペレーターに必要なスキルを学ぶ方法

DTPオペレーターに必要なスキルを学ぶ方法は以下の2種類です。

  • DTPオペレータースキルをスクールで学ぶ
  • 本で学ぶ

DTPオペレータースキルをスクールで学ぶ

スクールに通う方法が一番確実で就職・転職にそのまま繋げることができます。スクールにはさまざまな求人情報があるのでスクール卒業後そのまま就職・転職も可能になります。

これから紹介するスクールは社会人の方でも仕事をしながら学べるスクールになります。

DTPオペレーターのスキルが習得できるおすすめのスクールは以下となります。

スクロールできます
東京デザインプレックス研究所デジタルハリウッドデジハリONLINEWinスクール
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
受講料¥350,000~
教育訓練給付制度を利用可
¥165,000 〜¥203,500¥225,500〜 ¥165,500
受講期間5ヶ月〜2ヶ月〜約6ヵ月4ヶ月〜2ヶ月〜
受講形態通学オンライン
通学
オンライン+通学
オンラインオンライン
通学
オンライン+通学
オンライン
通学
オンライン+通学
習得できるソフトIllustrator
Photoshop
InDesign
Illustrator
Photoshop
Adobe XD
InDesign
Illustrator
Photoshop
InDesign
Illustrator
Photoshop
InDesign
Illustrator
Photoshop
Adobe XD
InDesign
質疑応答質問無制限質問無制限質問サービス
就転職サポート
別途+33,000円
質問無制限質問無制限
就転職サポートありありありあり
主な特徴【土日集中クラス】【平日夜間クラス】があり、働きながら学べる通学とオンラインを自由に組み合わせて学べるオンラインで完結できる自由に講座を組み合せて無駄なく学べる現役デザイナー講師
学習や就転職を マンツーマンでサポート

グラフィックデザインスクールについて詳しく紹介した記事も参考にどうぞ。

お得にソフトウェアを使うスキルを学ぶ

DTPオペレーターが主に使うソフトはAbobe IllustratorPhotoshopInDesignです。

これらのソフトがセットになった「Adobe CC-コンプリートプラン」「使い方の動画講座」がセットになったお得な講座を紹介します。

この方法を使えば、Adobe CCが通常1年間で72,336 円にところ半額に近い年間39,980円の格安で利用することができます。30,000円以上の節約になります。ひと月あたりの利用料が3,331円という安さ!

しかも、Adobeソフトの使い方を学べる基礎講座付きです。お得な事ばかり!

Adobe CCをいちばん安く買う方法
デジハリONLINE

Adobe公認の通信講座でAdobeCCを買う方法がどこよりも安く購入できます。約50%OFF
通常72,336円/年(税込) ▶︎ Adobe CC + 通信講座付きセット 39,980円/年(税込)

\ Adobe CC+通信講座付きセットで39,980円! /

とてもお得な購入方法なのでぜひ検討してみてください。

Adobe CCをお得に買う方法について詳しく書いた記事も参考にどうぞ。

DTPを本で学ぶ

独学で本で学ぶことも可能です。お金もあまりかからないのはメリットですが、デメリットとして挫折しやすいことがあります。

一人でもコツコツ勉強できる!と言う方にはおすすめです。

下の記事はイラストレーターとPhotoshopの使い方を紹介したおすすめの書籍になります。参考にどうぞ。

DTPオペレーターに役立つ資格

これから紹介する資格はDTPオペレーターの仕事をする上で必要な資格ではありません。

しかし、未経験者の方には資格を持っていれば、就職・転職に有利なのも事実です。以下はいくつかの有用な資格です。

DTPエキスパート

DTP(ディーティーピー)とはDesktop Publishing(デスクトップ パブリッシング)の略でパソコン上で印刷物などのデータを制作することを言います。

現在ではグラフィックデザイン全てがパソコン上で制作しています。DTPエキスパートは、印刷メディアビジネスに関わる広範囲な知識を把握ための資格です。

≫DTPエキスパート

Illustratorクリエイター能力認定試験

Adobe Illustratorを効果的に活用できるスキルを証明する資格です。イラストレーションやベクターグラフィックの制作に関する能力が評価されます。

≫Illustratorクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験

Adobe Photoshopを専門的に使用できる能力を証明する資格です。この資格を持つことで、デジタル画像の編集や合成のスキルが認められます。

≫Photoshopクリエイター能力認定試験

アドビ認定プロフェッショナル

Adobeのクリエイティブソフトウェアに関する幅広いスキルを持つことを証明する資格です。Photoshop、Illustrator、InDesignなどのアプリケーションでのスキルが含まれます。

≫アドビ認定プロフェッショナル

色彩検定

色彩理論やカラーマネジメントに関する知識とスキルを評価する資格です。色彩に関する専門知識は、デザインの質を向上させます。

≫色彩検定

DTPオペレーターの年収は?

DTPオペレーターの年収は経験や地域によって異なりますが、平均年収は約403万円です。ちなみにグラフィックデザイナが平均年収は約431万円となります。

まとめ

DTPオペレーターの仕事となり方について紹介しました。

参考になったら幸いです。

他にもグラフィックデザイナーの仕事について書いた記事も参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次