illustratorの使い方

【イラレ】リンク画像を自動で一つのフォルダに取集する便利なパッケージ機能の解説

イラストレーターで制作したデータを印刷会社に入稿したり、別の人にデータを渡したりすることありますよね。

そんな時、写真データが多かったり、製作時の修正が何回かあってフォルダの中に配置していない写真データと配置している写真データが混在している、なんってことあるんじゃないですか?

データを渡す時それをいちいち確認するのはとても大変です。また、間違って使っている写真を外してしまったら大変ですね。

そんなリンク画像を一つのフォルダにまとめる[パッケージ]機能の紹介します。

手動で画像を集めると「リンク切れ」の恐れがあります。

入稿時に「リンク切れ」を起こさないためにも[パッケージ]機能はを覚えておくと確実に作業の効率が上がること間違いなしです!

リンク画像を一つのフォルダにまとめる方法

制作したイラストレーターのデータを開きます。

メニューから[ファイル]>[パッケージ]を選択します。

保存場所、フォルダ名を指定します。オプションは全てチェックでOKです。

[パッケージ]ボタンをクリックすると下のダイアログ出ます。

OKを押します。

[パッケージが正常に作成されました]のダイアログが表示されますので[パッケージを表示]をクリックすると。保存されたフォルダが表示されます。

パッケージの内容

  • イラストレーターデータ
  • [Link]フォルダー(配置画像が保存されています)
  • [Font]フォルダー(使用されているフォントデータ)
    和文フォントなどコピー不可なものはパッケージされません。(下の絵にはありませんがデータがある場合はここに[Font]フォルダーが追加されます。
  • レーポート:パッケージされた書類の内容などのレポートです。(入稿時には必要ありません)

指定した場所にフォルダが作成されます。

とっても簡単!

パッケージ機能のショートカット

取り消し ショートカット
Windows Alt + Shift + Ctrl + P
Mac OS Option+ Shift+ Command  + P

 

 まとめ

パッケージの機能は大変便利でデータ入稿時には欠かせないものです。またデータ整理にも役立つと思います。また、入稿時のミスも少なくなります。

以前は印刷会社にデータを入稿すると、印刷会社から「◯○.psdのデータが入っていません」なんて電話をよく受けていました。。。これを知ってからはそんなことはなくなりました。

あと、入稿するときはアウトライン化もしっかりやりましよう!アウトラン化の記事も参考にどうぞ。

【イラレ】フォントのアウトライン化とテキストの復元方法イラストレーターで作ったデータを印刷屋さんに入稿するときなど必ずアウトライン化を要求されます。アウトライン化していないと入稿できずに戻っ...

お役に立てれば幸いです。

 

関連記事はこちら