MENU

【イラレ】フリーグラデーションで綺麗なグラデーションが簡単に作れる

イラストレーターのグラデーションには3種類あります。

  • 線型グラデーション
  • 円型グラデーション
  • フリーグラデーション

今回はフリーグラデーションの使い方を紹介します。

フリーグラデーション以外のグラデーションのやり方は下の記事からどうぞ。
≫イラレのグラデーションの基本と透明になるグラデーションの作り方

目次

フリーグラデーションのやり方

フリーグラデーションには「ポイントモード」と「ラインモード」の2種類の設定方法があります。

ポイントモード

  1. ツールバーの長方形ツールで四角いオブジェクトを作ります。
  2. オブジェクトを選択した状態で、「グラデーションパネル」の「フリーグラデーション」を選択します。フリーグラデーションが適用されます。
フリー01
  1. 「フリーグラデーション」を選択するとオブジェクトの中に色の起点となる「ポイント」が表示されます。

ポイントの数はオブジェクトの形で異なります。(四角形の場合、4つ表示されます)

  1. ポイントに色を付ける

ポイントをクリックして「カラー」パネルや「スウォッチ」パネルでカラーを指定します。

または、ポイントをダブルクリックでポイントのすぐ下にカラーパネルが表示され、カラーの指定ができます。

フリー03
  1. ポイントを移動

ポイントをドラッグ&ドロップで移動して好きな場所に色を配置できます。

  1. スプレッドを調整

スプレッドはポイントのを選択すると表示される点線の円です。色の範囲を調整することができます。円上の下にある◉をドラッグすることで調整が可能です

  1. ポイントの追加と削除

オブジェクト上でクリックするとポイントが追加されます。

ポイントの削除はポイントを選択してデリートで削除できます。

ラインモード

ポイントをラインモードで繋げることで、なめらかなグラデーションを作ることができます。

グラデーションパネルの描画をラインに設定して、ポイントクリックします。クリックの順番でラインの設定ができます。

escキーでラインの分岐点が終了します。

ラインの形でグラデーションも変わってきます。

下の画像はポイントとラインの形で変わるグラデーションの比較です。

淡い感じを出したければ、ラインモードでの指定がいいと思います。

ライン①とライン②はポイント、色が同じですが、ラインの形の違いで、グラデーションは変わってきます。

※ラインモードの場合「スプレッド」は使用できません。

まとめ

フリーグラデーションのやり方でした。

ちなみに、フリーグラデーションはフォントには適用できません。

フリーグラデーション以外のグラデーションのやり方は下の記事からどうぞ。
≫イラレのグラデーションの基本と透明になるグラデーションの作り方

参考になったら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる