MENU

【イラレ】描画モードの使用例と特徴をわかりやすく解説

イラストレーターの描画モード、使っていますか?

「乗算とスクリーンは使ってるけど他はよくわからない」なんて方、結構多いのではないでしょうか。

描画モードはイラストレーターのいろいろな機能で付随していることが多いです。

描画モードを理解すれば表現の幅がもっと広がります。

この記事では描画モードを作例と一緒にわかりやすく紹介します。

目次

描画モードのやり方

描画モードとは、重なり合った2つのオブジェクト(または配置した画像)をブレンドする機能です。なので、ベースカラーのない場所でブレンドカラーのみ描画モードを指定しても何も変わりません。

  1. 重なったオブジェクトの前面にあるブレンドカラーを選択します。
  2. 「透明」パネルより描画モードの「乗算」を選びます。(透明パネル表示方法:上のメニューから「ウィンドウ」→「透明」を選択します。)
  3. ブレンドカラーに乗算が適用されました。

重なった部分がブレンドカラーとベースカラーがブレンドされました。

描画モード06

描画モードの設定は、オブジェクト、画像、フォントなど全てのオブジェクト適用できます。

描画モードの種類

重なり合ったオブジェクトのブレンド方法が16種類用意されています。

それぞれのブレンドに特徴があり、その特徴を理解することでイメージに合った合成が可能になります。

描画モードの種類は大きく分けて5種類に分けられます。

描画モード05

最終カラーが暗くなる合成

最終カラーが明るくなる合成

最終カラーのコントラストが高くなる合成

階調を反転する合成

色相・彩度・輝度を元にした合成

比較(暗)

ブレンドカラーとベースカラーの暗い方の色が採用されます。画像左部分の建物はブレンドカラーより暗いので建物の色が採用されています。

比較暗

乗算

乗算は非常によく使うモードです。乗算はブレンドカラーとベースカラーのかけ算になるモードです。カラーとベースカラーがかけ算で掛け合わせになるので、最終カラーは暗くなります。

  • 黒 → 黒 
  • 白 → 透過 

となります。

乗算

背景を暗くする

グラデーションを乗算で重ねて画像の周りを暗くします。

乗算02

色ベタをブレンド

カラーベタとモノクロ画像を「乗算」でブレンドしました。

乗算03

焼き込みカラー

ベースカラーを暗くしてブレンドカラーに反映します。コントラストが強くなります。

焼き込みカラー2

テクスチャーを合成

グラフィックにレクスチャーを「焼き込みカラー」で重ねて質感を追加しました。

焼き込みカラー02

比較(明)

ブレンドカラーとベースカラーの明るい方の色が採用されます。比較(暗)の反対です。

比較明

スクリーン

ブレンドカラーとベースカラーを反転して掛け合わせます。反転するので黒色をブレンドカラーとすると何も変わりません。

スクリーン

カラーの単色画像

モノクロの画像にカラーのを「スクリーン」で掛け合わせると黒の部分がカラーに適用されます。

スクリーン01

レンズフレアの合成

レンズフレアの画像と画像を「スクリーン」でブレンドしました。黒い部分が抜け、明るいレンズフレアのみ表示されます。

レンズフレアはイラストレーターのツールバーの「長方形ツール」内の「フレアツール」で制作しています。

覆い焼きカラー

ベースカラーを明るくしてブレンドカラーに反映します。明るい合成となります。

覆い焼きカラー

オーバーレイ

ベースカラーが暗い部分は「乗算」とベースカラーが明るい部分は「スクリーン」を適用します。

オーバーレイ

光の演出

ぼかしを入れた黄色い円をベースの写真に「オーバーレイ」で合成しました。円部分が明るくなり光っている表現ができます。

オーバーレイ01

ソフトライト

ブレンドカラーが50%のグレーより明るいと「覆い焼きカラー」になり、暗い場合は「焼き込みカラー」となります。

オーバーレイのコントラストが弱い印象です。

ソフトライト

ハードライト

ブレンドカラーが50%のグレーより明るいと「スクリーン」になり、暗い場合は「乗算」となります。

コントラストの強いオーバーレイの印象です。

ハードライト

差の絶対値

明度の高い方から明度の低い方を引きます。ブレンドカラーを白にすると反転になります。

差の絶対値

除外

差の絶対値と同様で、コントラストが弱くなります。

除外

色相

ベースカラーの輝度と彩度にブレンドカラーの色相を合わせます。

色相

彩度

ベースカラーの輝度と彩度にブレンドカラーの彩度を合わせます。

彩度

カラー

ベースカラーの輝度にブレンドカラーの色相と彩度を合わせます。

カラー

輝度

ベースカラーの色相と彩度にブレンドカラーの輝度を合わせます。

まとめ

描画モードの種類はたくさんありますが、主に使うのは「乗算」「焼き込みカラー」「スクリーン」「オーバーレイ」ぐらいでしょうか。

この4つの特徴をしっかり覚えるだけでも表現の幅が広がります。

参考になったら幸いです。

参考書紹介

イラストレーターを独学で学びたい方に。レベルに合わせた参考本の紹介をしています。参考までに

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる