illustratorの使い方

イラレでポイントをピッタリ合わせる【スナップ】の解説とポイントがずれる場合の解決方法

イラストレーターでレイアウトをする時やパッケージなどの図面などを制作するときにポイントをピッタリ合わせる作業が発生します。ピッタリ合ったと思っても、拡大すると結構ずれていたりするものです。

そんな時はスナップの機能を使えば簡単で且つ正確にピッタリとポイントを合わせることが可能です。

覚えておけば作業効率が上がるだけでなく、正確なデータを作ることができます。

しかし、スナップの指定を間違えると、スナップがずれてしまう場合もあります。その対処方法も紹介します。

この記事では【スナップ】の機能とトラブルの改善方法について解説します。

 

スナップの種類

スナップには以下の4種類の機能があります。

  • スマートガイド
  • グリッドにスナップ
  • ピクセルにスナップ
  • ポイントにスナップ
  • グリフにスナップ

それぞれ解説していきます。

スマートガイドとは

オブジェクトを移動など編集する際に一時的にガイドを表示して整列やスナップの補佐をするとても便利な機能です。

また、オブジェクトの吸着(スナップ)もしてくれます。

スマートガイドの使用方法

メニューから「表示」→「スマートガイド」を選択

下の画像のようにオブジェクトを移動するとガイドが現れます。

アンカーポイント同士が重なると「交差」の文字が表示されます。

また、同時に縦、横のガイドラインも表示されるので、ピッタリとオブジェクト同士をくっつけることも可能です。

オブジェクトにカーソルを重ねると中心の位置を表示します。

注意:「グリッドにスナップ」「ピクセルにスナップ」を選択している場合はスマートガイドの機能は使えません。

 

グリッドにスナップ

まずグリッドを表示させます。

メニューの「表示」→「グリッドを表示」を選択。

アートボードにグリッドが表示されます。

次にメニューから「表示」→「グリッドにスナップ」をONにします。

グリッドにスナップされるようになります。

オブジェクトを移動するとピッタリとグリッドにスナップします。

同時に「スマートガイド」をONにすることをお勧めします。

 

グリッド幅の変更方法

メニューから「環境設定」→「ガイド・グリッド」からグリッドの幅を変更可能です。

パッケージなどの図面の制作時にはとても便利な機能です。正確に素早く作業ができています。

 

ピクセルにスナップ

Webページを作るときに便利な機能です。

「ピクセルにスナップ」では単位がpixelになっていることが必要です。

メニューから「環境設定」→「単位・定規」を選択して「定規」をpixelにします。

オブジェクトの移動は1 pixelごとのピクセル単位で移動が可能になります。

同時に「スマートガイド」をONにすることをお勧めします。「スマートガイド」を表示していると移動したピクセル数が表示されます。

 

ポイントにスナップ

ポイントにスナップはオブジェクト同士のアンカーポイントにピッタリ合わせる機能です。

同時に「スマートガイド」をONにすることをお勧めします。

メニューの「表示」→「ポイントにスナップ」を選択

 

グリフにスナップ

グリフとは字形のことを言います。アウトラインしていないテキストデータと矩形や円形のオブジェクトと揃える機能です。基準がベースライン、Xハイト、グリフバウンド、近接ガイド、角度ガイド、アンカーポイントなどの細かく揃えることができます。

スナップがずれる原因と解決方法

スナップがずれる原因は複数のスナップが同時にONになっていることが原因です。

スナップ機能を使う場合は必要なスナップだけをONにして、他を同時にONにしないように注意しましょう。

オブジェクトをピッタリ合わせる整列の記事も参考に。

【イラレの使い方】ずれることなく揃える整列の使い方イラストレーターで便利な機能の一つが「整列」です。 レイアウトの基本の揃えることが簡単に出来てしまいます。 ただ、ちゃんとや...

まとめ

スナップやスマートガイドの機能はとても便利で正確で作業効率を上げます。どのような作業ををするかで使い分けをすることをお勧めします。

いずれのスナップの機能を使う場合でも同時に「スマートガイド」をONにすることをお勧めします。ちゃんとスナップされているか確認しながら作業ができます。

スナップはその都度、作業によってONにしたりOFFにすることでより効率の良い作業が可能になるかと思います。

 

関連記事はこちら