illustratorの使い方

イラレで手書きのイラスト画像をパス化する方法

画像データをパス化してアウトラインをとる方法を紹介します。

例えば手書きのイラストデータをトレースしたり、写真をイラストっぽくすることも可能です。

この記事では画像データをパス化してアウトラインをとる方法を紹介します。

画像をパス化する方法

画像をパス化する流れを解説します。

❶パス化したい画像を配置し選択します。

画像はリンクでも埋め込みでもどちらでもOKです

画像配置のやり方は下の記事からどうぞ。

【イラレ】画像の配置のやり方とトリミングのやり方画像の挿入や差し替えはイラストレーターで頻繁に使う機能です。 正しく覚えることで間違いのなく、効率的に作業を進められるかと思います...

❷画像のトレース画面で設定

上のメニューから「ウインドウ」→「画像のトレース」を選択します。

「画像のトレース」のダイアログボックスが開きます。

「画像のトレース」画面でトレースの調整をします。

「画像のトレース」の内容はこの後の【「画像のトレース」のダイアログボックスの解説】でくわしく解説します。

 

❸パス化実行

上のコントロールパネルの「拡張」をクリックするとパス化の完成です。

 

「画像のトレース」のダイアログボックスの解説

最初に「画像トレース」ダイアログボックの左下のプレビューにチェックを入れます。

プレビューを確認しながら調整します。

プリセット

トレースする画像の設定です。

トレースしたい仕上がりによって選択が変わってきます。

画像のままならのトレースなら「写真」

色数を抑え、パスの数を減らしたい場合は(3〜16色変換)

白黒の場合は「白黒のロゴ」

表示

表示はトレースした場合の表示の選択です。

トレースした結果とトレースのアウトラインが確認できます。

また、右の目のアイコンをクリックすると元画像との確認ができます。

カラーモード

トレス後の画像のカラーモードを変更できます。

 

パレット

カラーモードで「カラー」、「グレースケール」を選択するとパレットを選択できます。

色数の調整ができ、必要な部分のみトレースが可能になります。

詳細

詳細の▶︎をクリックします。

パス

トレースの精度の調整が出来ます。

コーナー

曲線部分の精度が調整できます。値が大きいほどコーナーが多くなります。

ノイズ

値が大きいほどノイズが少なくなります。

方式

近接:パスの境界は隣り合うパスと同じになります。(オブジェクト同士が重ならない状態)

重なり:重なり合った状態で作成されます。

作成

塗り:塗りが適用されます。

線:トレースに線が作成されます。

オプション

曲線を直線にスナップ:少し曲がった線を直線に置き換えるかの設定です。

ホワイト無視:白い部分をなしにするかの指定です。

まとめ

画像のトレースでは元画像の色変更ができるので、カラー画像をモノクロにして、アウトラインだけ抽出することもできます。

フォントのアウトライン化の記事も合わせてどうぞ。

【イラレ】フォントのアウトライン化の方法とできない時の対処方法イラストレーターで作ったデータを印刷屋さんに入稿するときなど必ずアウトライン化を要求されます。アウトライン化していないと入稿できずに戻っ...

参考になったら幸いです。

参考書紹介

イラストレーターを独学で学びたい方に。レベルに合わせた参考本の紹介をしています。参考までに

イラレを独学で学ぶおすすめの本!初めての方から中級者の方まで。この記事ではイラストレーターを独学で学びたいという人のために、役立つ本の紹介をします。 参考本は結構高額なので失敗はしたくないです...
関連記事はこちら