MENU

【初心者向】動画編集に必要なスキル一覧と学び方を詳しく解説

動画編集に必要なスキル一覧と学び方を詳しく解説

動画は現代のコンテンツ制作において不可欠な要素となっています。

YouTube、SNS、ウェブサイト、プレゼンテーションなど、さまざまなメディアで動画が使用され、情報の伝達やエンターテイメントに重要な役割を果たしています。そのため、動画の制作や編集がますます需要が高まっています。

この記事では、初心者向けに動画編集をするのに必要な基本から中級者以上の方に必要なスキルまでを包括的に紹介します。また最後に、動画編集に必要なスキルや学習方法について詳しく説明いたします。

Adobe Premiere ProやAfter Effectsの期限が切れそうな方や持っていない人はAdobe CCをお得に購入できる方法を参考にどうぞ。

目次

【初心者向け】動画編集に必要な基礎スキルの一覧

動画編集に必要な基礎スキルの一覧

初心者の方々にとって、動画編集の基礎スキルを身につけることが最初のステップです。以下は、初心者向けに必要な基礎スキルの一覧です。

  • カット
    • カット
    • トリミング
  • シーンの選定と切り抜き
  • テロップ入れ
    • 文字の挿入と編集
  • 効果音・BGMの挿入
    • 音声の操作と調整
  • アニメーション
    • オブジェクトの動きを付ける
  • 色調補正・カラーグレーディング
    • 映像の色調の調整
  • エフェクト入れ
    • エフェクトの追加とカスタマイズ
  • サムネイル作成

カット

動画編集の基本中の基本です。不要な部分をカットして、動画をスムーズに編集します。例えば、不要なテイクや長い無駄なシーンをカットしましょう。

動画編集において、「カット」と「トリミング」の2種類の編集方法があります。

カット

不要な部分を削除したり必要な部分を切り出し、シーンを繋げて編集する方法です。これは、動画を料理に例えると、不要な皮や種を取り除くような作業で、不要なテイクを取り除いて視聴者に新鮮で魅力的な内容を提供します。

トリミング

動画の最初と最後の部分をカットし、真ん中の一部分を切り出す方法です。これは主に動画の尺の調整に用いられ、真ん中の部分の編集は行いません。

シーンの選定と切り抜き

良いシーンを選んで編集することは重要です。例えば、インタビューの中から最も興味深い部分を切り抜いて取り入れることなどです。

映画監督は映画の編集室で宝石を選びます。彼らは大量の鉱石(フィルム素材)からダイヤモンド(最も価値のあるシーン)を切り抜き、それをジュエリー(完成した映画)に加工します。インタビューの場合、面白い瞬間を見つけ出し、それを編集で輝かせます。

テロップ入れ

テキストを動画に挿入するテロップは、情報を伝えるために役立ちます。例えば、インタビューの際に話者の名前や説明を追加しましょう。

テレビのドキュメンタリー番組などで画面に追加情報やキャラクターの名前が表示されることがあります。これがテロップです。同様に、インタビューの際に話者の名前や重要な情報を追加することで、視聴者に補足情報を提供する役割です。

文字の挿入と編集

動画にテキストを挿入し、フォントやスタイルを編集するスキルが必須です。例えば、タイトルやキャプションを追加して情報を強調させます。

小説をなどで、章のタイトルや特定のセリフが太字で強調されることがあります。動画でも同様に、タイトルやキャプションを挿入し、情報を際立たせます。文字のフォントやスタイルを調整することで、視聴者に印象を与えます。

効果音・BGMの挿入

音楽や効果音は動画の雰囲気を大きく変える要素です。例えば、シーンに合ったBGMや効果音を挿入して印象を高めます。

ホラー映画などで怖い場面では不気味な音楽や効果音が流れ、緊張感が高まります。動画でもシーンに合ったBGMや効果音を挿入することで、視聴者の感情を誘導し、印象を深化させます。

音声の操作と調整

音声の品質を改善し、ノイズを除去するスキルは重要です。例えば、音声のクリアさを向上させます。

サムネイル作成マイクの音質を調整し、ノイズを排除してクリアな音楽を提供するように、動画でも音声の品質を向上させます。ノイズを取り除き、話者の声を明瞭にすることで、視聴者に良い印象を与えます。

アニメーション

要素を動かすアニメーション効果は、動画にダイナミズムを与えます。例えば、テキストや画像を滑らかにアニメーションして印象的な演出が作れます。

アニメーションは動画に魔法をかける要素です。文字や画像を生き生きと動かし、物語に深みを加えます。テキストや画像をアニメーションさせることで、視聴者の興味を引きつけます。

オブジェクトの動きを付ける

動画内のオブジェクトに動きを付けることで、視聴者の注意を引きます。例えば、テキストや画像を動かしてみましょう。

絵本のページがめくられるように、動画内のオブジェクトに動きを加えることで、視聴者の興味を引きます。テキストや画像をスムーズに動かし、ストーリーをより魅力的に伝えます。

色調補正・カラーグレーディング

色彩を調整し、動画の雰囲気をコントロールします。例えば、シーンに適した色合いやトーンに調整に使います。

写真家が写真の色合いを調整して写真の雰囲気を変えるように、動画でも色彩を調整し、雰囲気をコントロールします。シーンに合った色調やトーンに調整することで、視聴者に特定の感情を伝えます。

映像の色調の調整

動画の明るさ、コントラスト、彩度を調整して映像を最適化します。映像を鮮やかに見せましょう。

テレビのリモコンで画面の明るさやコントラストを調整できるように、動画でも映像の明るさ、コントラスト、彩度を調整して、映像をより鮮やかに見せます。

エフェクト

特殊効果を使用して動画に魅力を加えます。例えば、トランジション効果やフィルターなどです。

魔法の杖を振ることで特殊効果が現れるように、動画でもトランジション効果やフィルターを適用することで、魅力を引き立てます。

エフェクトの追加とカスタマイズ

動画にエフェクトを追加し、カスタマイズするスキルは重要です。

画家がキャンバスに色を塗り、ブラシの種類や筆圧を調整して絵画を完成させるように、動画にエフェクトを追加し、パラメータをカスタマイズすることで、独自のスタイルを作り出すことができます。

13. サムネイル作成

動画のサムネイルは視聴者を引き込む重要な要素です。

本のカバーが本の中身を示すように、動画のサムネイルは視聴者に内容を示します。魅力的なサムネイルをデザインすることで、視聴者の興味を引きつけます。

サムネイルデザインに工夫を凝らし、クリック率を向上させましょう。

商品のパッケージデザインが製品の売り上げに影響を与えるように、サムネイルデザインに工夫を凝らし、タイトルとイメージを組み合わせて魅力的なサムネイルを制作することで、視聴者がクリックして動画を見る確率を向上させます。

これらの基本スキルを身につけることは、動画編集の初心者にとって重要なステップです。これらのスキルを習得することで、プロの動画編集者としての基盤を築くことができます。

【中級者以上】レベルの高い動画編集者に必要なスキル

レベルの高い動画編集者に必要なスキル

初心者向けの基本スキルを習得したら、中級者以上のスキルを目指しましょう。以下は、プロの動画編集者に求められるスキルです。

  • コミュニケーションスキル
    • クライアントとのコミュニケーション
  • セールス・案件獲得スキル
    • 仕事の獲得と交渉術
  • マーケティングスキル
    • 動画のマーケティング戦略
  • デザインスキル
    • グラフィックデザインの知識
  • ディレクションスキル

コミュニケーションスキル

プロジェクトの成功には良好なコミュニケーションが不可欠です。クライアントやチームと効果的にコミュニケーションを取るスキルを磨きましょう。

プロジェクトの進行中に、クライアントから新しい要望が寄せられたと仮定しましょう。効果的なコミュニケーションスキルがあれば、クライアントとの円滑な対話を通じて要望を正確に把握し、プロジェクトを迅速に調整できます。

クライアントとのコミュニケーション

クライアントの要望を理解し、的確に反映するスキルは、クライアント満足度を高めます。クライアントとの信頼関係を築きましょう。

クライアントはレストランのオーナーで、あなたはシェフです。彼らの特別な注文や好みを理解し、それを美味しい料理に反映させることで、クライアントはリピーターとして戻ってきます。同様に、クライアントの要望を的確に理解し、映像に反映させることで、彼らの信頼を築けます。

セールス・案件獲得スキル

プロジェクトを獲得するためのセールススキルは、独立した動画編集者にとって重要です。自己ブランディングや提案の能力を向上させましょう。

自己ブランディングの成功例として、YouTubeで動画編集のチュートリアルを提供し、多くの視聴者を集めたプロがいます。彼らは自身のスキルを宣伝し、プロジェクトの引き合いを増やしました。

仕事の獲得と交渉術

プロジェクト契約や報酬の交渉スキルは、収益を最大化するために必要です。適切な契約条件を交渉しましょう。

フリーランスの写真家が、クライアントとプロジェクトの契約条件を交渉する場面を考えてみましょう。彼らはプロジェクトのスコープ、納期、報酬などを適切に調整し、双方が満足する契約を締結します。

マーケティングスキル

動画編集者としての自己マーケティングは、新規クライアントを獲得する鍵です。自身のポートフォリオやサービスを効果的にマーケティングしましょう。

SNS上で魅力的なサムネイルを使用して、自身のポートフォリオを宣伝する動画編集者がいます。彼らは視聴者を引き込み、新規クライアントを獲得しました。

動画のマーケティング戦略

動画を効果的にマーケティングするための戦略を習得しましょう。SNSやYouTubeなどのプラットフォームを活用し、視聴者を増やしましょう。

映画の公開前に予告編を公開し、観客の興味を引くことで、映画の成功を支える戦略です。同様に、動画編集者もYouTubeやSNSでプロモーション戦略を駆使し、視聴者数を増やしましょう。

デザインスキル

視覚的なデザインスキルは、動画編集においても重要です。美しい視覚効果を創り出すためにデザイン力を高めましょう。

美しいトランジションや視覚的な効果を活用して、音楽ビデオの編集を手がけた動画編集者がいます。彼らのデザインスキルは、視聴者に強烈な印象を与えました。

グラフィックデザインの知識

テキストや画像を使ったグラフィックデザインの知識は、動画にプロのタッチを加えます。例えば、タイトルデザインやキャプションのデザインを工夫しましょう。

映画のオープニングタイトルが画面に表示され、物語の雰囲気を作り出すことがあります。同様に、動画でもタイトルデザインやキャプションの美学を理解し、視覚的な魅力を高めましょう。

ディレクションスキル

プロジェクト全体の管理と指導力は、高度なスキルです。クリエイティブなビジョンを具現化し、プロジェクトを成功に導きましょう。

映画監督は俳優やスタッフを指導し、ストーリーを形作ります。動画編集者もプロジェクト全体を指揮し、ビジョンを実現する役割を果たします。

これらのスキルを習得することで、プロの動画編集者としてのキャリアを築く準備が整います。中級者以上のスキルは、プロジェクトの品質向上と収益の増加に寄与します。

動画編集で必要なソフトウェア

動画編集で必要なソフトウェア

動画編集において、ソフトウェアの習得は非常に重要です。以下は、プロが動画編集で使用する代表的なソフトウェアです。

動画編集スクールや講座でもメインに使われるソフトになります。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは業界標準の動画編集ソフトウェアであり、豊富な機能と高度な編集ツールです。プロフェッショナルな動画編集に向いています。

Premiere Proはあなたの動画プロジェクトの編集スタジオのようなものです。スタジオには様々な道具や機材が揃っており、演技者(ビデオクリップやオーディオ)を魅力的に編集し、動画を作れます。シーンを選び、編集し、最終的な作品を仕上げるのと同じように、あなたの手で動画を創り出すソフトです。

Adobe After Effects

After Effectsは特殊効果やアニメーションの制作に特化したソフトウェアです。動画にダイナミックなエフェクトを追加するのに役立ちます。

After Effectsはあたかも動画に魔法をかける魔法使いの杖のようです。この杖を振ることで、動画に粒子効果や火花、飛び出すテキスト、3Dアニメーションなどの特殊効果を加え、通常の動画を驚くべきものに変えることができます。

Adobe Photoshop

Photoshopはグラフィックデザインと画像編集に優れたソフトウェアで、動画のタイトルやキャプションのデザインに使用できます。

色や形を調整し、視聴者に強烈な印象を与える美しいデザインを作り出すことができます。

Adobe Illustrator

Adobe Illustratorは、ベクターグラフィックスの作成と編集に特化したソフトウェアです。動画のタイトルやグラフィックスを美しくデザインするのに最適です。

動画のタイトルやキャラクターのデザインを細部まで調整できます。視覚的な魅力を持つアートワークを作成し、視聴者に強烈な印象を与えることができます。

これらのソフトウェアをマスターすることで、動画編集をさらに高めることができます。

動画編集スキルを身につける方法

動画編集スキルを習得する方法はいくつかあります。以下は、それぞれの方法について詳しく説明します。

動画編集をYouTubeで学習する

YouTubeには、多くのクリエイターや制作会社が、編集ソフトの使い方に関するチュートリアル動画を投稿しています。これらの動画では、ソフトの基本的な使い方や編集手順、またエフェクトの使い方などの解説もあるので非常に参考になるものが多いです。

これらの動画は実際にソフトを使用しながら解説されているため、自分で使う際にはイメージしやすいですが、知りたい情報を探すのに時間がかかる場合があります。

また、公式のYouTubeチャンネルで提供されている解説動画も参考にすると良いでしょう。

Adobe公認の通信講座で動画編集ソフトを学習する

「Adobe公認のプラチナスクールパートナーの通信講座」です。Adobe Premiere Pro,After Efectsなどのソフトの使い方講座とAdobe CCがセットになった講座です。

また、価格は通常のAdobe CCのほぼ半額に近い価格で購入できるお得な講座です!

Adobe CCが通常1年間で72,336 円にところ半額に近い39,980円の格安で利用することができます。30,000円以上の節約になります。

しかも、Adobeソフトの使い方を学べる基礎講座付きです。お得な事ばかり!

\ Adobe CCもセットで39,980円! /

デジハリ ONLINEで動画編集を学ぶ

デジハリ ONLINE
デジハリ ONLINE

デジハリONLINE講座の特徴

デジハリONLINE Adobe マスター講座】講座内容  39,980円(税込)

  • Adobe CC 1年間
  • Adobe CCの基礎動画教材(46時間分)動画閲覧 1ヶ月
  • 課題作成 添削添削 2ヶ月

After EffectsPremiereの使い方も動画教材で学ぶことができます。

Adobe CCを安く買える上に使い方の講座も利用できる大変お得なプランです。初心者の方には特におすすめです!

Adobe CCの基礎動画教材(46時間分)動画閲覧 1ヶ月
  • Illustrator
  • Photoshop
  • HTML
  • Dreamweaver
  • After Effects
  • Premiere
  • InDesign

\ AdobeCCがついて39,980円 /

以下の記事で詳しく解説しています。参考にどうぞ。

動画編集スクールで動画編集を学習する

動画編集スキルを習得する一番の近道はスクールで学ぶことです。

studio US(スタジオアス)の動画編集コースは55,000円(税込)で学ぶことができます。

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

安く学べるコスパの良いスクール

スクール名studio US(スタジオアス)
コース⚫︎動画編集コース
⚫︎動画クリエイターコース
⚫︎動画クリエイター総合コース
受講料⚫︎動画編集コース
 55,000円(税込)月々4,584円〜
⚫︎動画クリエイターコース
 99,000円(税込)月々8,250円〜
⚫︎動画クリエイター総合コース
 220,000円(税込) 165,000円(税込)月々13,750円〜(今だけ)
受講期間⚫︎動画編集コース 最短2ヶ月
⚫︎動画クリエイターコース
⚫︎動画クリエイター総合コース
習得できるスキル⚫︎動画編集コース
Premiere Pro、After Effectsなど
⚫︎動画クリエイターコース
Premiere Pro、After Effects、モーショングラフィックなど
⚫︎動画クリエイター総合コース
上記のコースに加えて、やく50タイトルの動画制作
受講形態オンライン
就・転職サポート
副業案件紹介・サポート有(案件紹介のサポート)

他のスクールに比べて受講料が安い!

studio US(スタジオアス)の3つのコース

  • 【動画編集コース】
  • 【動画クリエイターコース】
  • 【動画クリエイター総合コース】

studio US(スタジオアス)の【動画編集コース】は55,000円(税込)でPremiere Pro、After Effectsが習得できるコースです。とにかく動画編集を始めたい方におすすめ!

【動画クリエイターコース】は【動画編集コース】にプラスしてCinema4Dなどモーションクラフィックなどのスキルが学習できます。動画クリエイターとして活躍したい方におすすめです。

【動画クリエイター総合コース】はディレクション、セールスなど総合的に学ぶコースです。この内容では通常20万は超えるスクールがほとんどですが、studio US(スタジオアス)では20万円を切る今なら16万円台で学ぶことができてしまいます。

非常にコスパの良いスクールです。

副業の案件紹介があります。

副業・フリーランスを目指す方には案件紹介のあるstudio US(スタジオアス)がお勧めです。

企業との連携によって卒業後すぐに案件チャレンジができます。また、そこで信頼を獲得すれば定期的にお仕事をいただくことも可能です。

慣れないうちはstudio US(スタジオアス)のクリエイターがディレクションで入り案件を一緒に進めるので仕事の進め方も実践で学ぶことができます。

\ 説明会で色々聞いてみよう! /

本で動画編集を学ぶ

編集ソフトの運営会社や映像クリエイターは、ソフトの操作方法やエフェクトについての解説本を提供しています。これらの本は手順ごとに説明がされたり、すべての機能やエフェクトについて解説があるため、詳細に学びたい人に適しています。ただし、情報を探すのに時間がかかることがあります。本を読むことで内容をしっかり理解したい人や、細かい操作に興味がある人におすすめです。

おすすめの動画編集の本

世界一わかりやすい動画制作の教科書

企画書づくりから撮影技術、編集、公開まで動画制作のワークフローがわかる

世界一わかりやすい動画制作の教科書

  • 発売日:2022/4/22
  • 単行本:¥2,860
  • Kindle:¥2,717

他にも動画編集のおすすめの本を紹介した記事もどうぞ。

Premiere Proの参考本

Premiere Pro よくばり入門 改訂版

一番売れているPremiere Proの解説書

Premiere Pro よくばり入門 改訂版
(できるよくばり入門)

  • 発売日:2023/8/22
  • 単行本:¥2,948

他にもPremiere Proのおすすめの本を紹介した記事もどうぞ。

After Effectsの参考本

一気にビギナー卒業! 動画でわかるAfter Effects教室

動画を使ってわかりやすい!

一気にビギナー卒業! 動画でわかるAfter Effects教室

  • 発売日:2022/2/4
  • 単行本:¥2,970
  • Kindle:¥2,822

他にもAfter Effectsおすすめの本を紹介した記事もどうぞ。

まとめ

【初心者向】動画編集に必要なスキル一覧と学び方を詳しく解説でした。

動画編集を本気で学びたいならスクールに通うことがおすすめです。お得に学ぶならAdobe公認の通信講座学ぶ方法が絶対おすすめ!

参考になったら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次