illustratorの使い方

【イラストレーター】グラデーションの作り方と調整方法

ロゴの制作、イラスト制作、フライヤーなどなど、デザインワークでグラデーションを使う機会は結構あります。

また、文字にグラデーションをかけたり、透明になるグラデーションも作ることができるので、イメージするデザインをイラストレーター上だけで作ることも可能になりました。

イラストレーターのグラデーションは基本的な使い方を理解すれば簡単にイメージ通りのグラデーションを作ることができます。

今回はイラストレーターのグラデーションのやり方を紹介します。

イラストレーターでグラデーションの種類

グラデーションの基本

グラデーションの種類は3つあります。

  • 線型グラデーション
  • 円型グラデーション
  • フリーグラデーション

グラデーションを作るにはグラデーションパネルを使います。
メニューから「ウィンドウ」→「グラデーション」を選択すると
グラデーションパネルが表示されます。

ではそれぞれのグラデーションの作り方の解説を始めます。

 

線型グラデーションの作り方

線型グラデーションは一番よく使うグラデーションかと思います。直線的なグラデーションでデフォルトではこの線形グラデーションになっています。

線型グラデーションの作り方

グラデーションをかけるオブジェクトを選択

グラデーションの種類の「線型グラデーション」を選択

パネルをクリック

グラゲーションが適用されました。

グラデーションの色を変える

デフォルトでは白から黒のグラデーションですが、白色から赤色に色を変えてみます。

線型グラデーションの色の変え方

色を変更したいオブジェクトを選択します。

グラデーションパネルの「グラデーションスライダー」の下にある●(カラー分岐点)をダブルクリックします。

ダブルクリックするとカラーパレットが表示されます。

カラーを変える方法は以下の3つです。どれで色指定するか、カラーパレットの左にあるアイコンをクリックで選択します。

カラーパレットから指定

カラーパレットを選ぶと、デフォルトではグレースケールになっているので、右上のメニューからカラーモードを選ぶことができます。

スウォッチから指定

スウォッチの中から色を指定できます。

スポイトから指定

他のオブジェクトから色を抽出し、指定できます。

 

ここではスウォッチから赤を選びました。

白から赤のグラデーションが完成しました。

グラデーションの調整

スライダー下の「カラー分岐点」はドラックして動かすことで、グラデーションの調整が可能です。

ボケの長いのグラデーションを作る

グラデーションスライダーの上部に◇のマークがあります。これを左右にスライドさせるとこでグラデーションの長さを調整する事ができます。ボケの長いのグラデーションを作る時はこの機能を使います。右にスライドさせると白から赤のボケの長さが長くなりました。

 

グラデーションの色を追加する

先程は白から赤の2色のグラデーションを作りましたが、複数の色のグラデーションを作ることも出来ます。

グラデーションスライダーの下をクリックすると、カラー分岐点が追加されます。先程と同じように、色を指定することでグラデーションに新たな色が追加されます。

カラー分岐点はいくつも追加することが出来ます。

グラデーションの色(カラー分岐点)を削除する

グラデーションスライダーの色のポイントを削除する方法は以下の2つです。

  1. 削除するカラー分岐点を選択→グラデーションスライダーの右にあるゴミ箱をクリックすると削除されます。
  2. 削除したいカラー分岐点をパネル外にドラッグ&ドロップすると削除されます。

 

グラデーションの角度を変える。

デフォルトでは横方向のグラデーションでしたが、好きな方向にグラデーションの角度を変える事ができます。

変更する方法は2つあります。

グラデーションツールからマウス操作で変更するやり方。

マウスを使って直感的に調整が可能です。(ほとんどこのやり方です)

グラデーションパネルから角度の数値を入力するやり方

数値を入力して調整します。(あまり使わないので飛ばしてもOK)

グラデーションツールからマウス操作で変更するやり方。

グラデーションの向きを変えたいオブジェクトを選択した状態で、ツールパネルの「グラデーション」を選択します。

オブジェクトに「グラデーションガイド」が表示されます。

オブジェクトの上から下にドラッグすると上から下にグラデーションがかかります。

グラデーションスライダーとグラデーションガイド

グラデーションスライダーとグラデーションガイドはグラデーションを調整する同じ機能となりますので、スライダーを変更すればガイドも変更が反映されます。

グラデーションガイドのドラッグのスタートがグラデーションスライダーの左端の色、ドラッグの終わりがグラデーションスライダーの右端の色となります。

shiftを押しながらドラッグすると垂直、水平、45度などのグラデーションが作れます。

ドラッグの長さでいろいろなグラデーションがいろいろな角度で作ることができます。

透明になるグラデーション

カラー分岐点は色でなく「不透明」の設定もできます。なので下の画像のような表現もグラデーションだけで簡単に作ることができます。

 

透明になるグラデーションの作り方

オブジェクトを選択した状態で、透明にしたいカラー分岐点をクリックし選択します。

グラデーションスライダーの下にある「不透明度」を変更します。(0%〜100%)

透明になるグラデーションができます。

透明になるグラデーションの注意点

下の画像のように透明になるグラデーションの場合、同じ色でグラデーションをしないとグラデーションがきれいに表現できませんので注意が必要です。

 

グラデーションガイドでの細かな調整

思ったグラデーションを作るために何度もドラッグして作り直さなくてもグラデーションバーで調整することで希望のグラデーションをすばやく作ることができます。

カラー分岐点をグラデーションバーで調整が可能です。より直感的な調整が可能となります。グラデーションバーでの変更はグラデーションスライダーにも反映されます。

その他にグラデーションバーでは細かなグラデーションの変更が可能です。

グラデーションガイドのバーをドラックして移動することができます。バーを移動するとカラー分岐点も一緒に移動するのでグラデーションの位置が変わります。

大まかにグラデションバーでグラデーションを作って、微調整はグラデションバーの分岐点や移動など調整するやり方をおすすめします。

グラデーションパネルから角度の数値を入力するやり方

ほとんど使用する事がないので、簡単な説明だけにしております。グラデーションパネルの角度が表示の数値を入力することでグラデーションの角度が変更できます。

 

円型グラデーションの作り方

円型グラデーションはグラデーションパネルの「円型グラデーション」のアイコンをクリックすると作ることができます。

円型グラデーションの作り方や調整はほぼ線型グラデーションと同じです。一部円型グラデーション独自の調整がありますので解説します。

円型グラデーションの調整

円型グラデーションでは円形のガイドが表示されます。グラデーションを楕円にしたり、大きさ変更したりできます。

こんな時に使えます。
影のグラデーションのガイドを楕円にすることで、イメージ通りの調整が可能になります。

 

フリーグラデーション

フリーグラデーションはオブジェクトの任意の場所にカラー分岐点を置くことが出来、より複雑なグラデーションを作ることが可能になります。

フリーグラデーションについてはまた別の記事で紹介します。

 

文字にグラデーションをかける

アウトラインしていない文字にグラデーションをかけることができます。

文字ツールで文字を作成します。

文字の塗りを「なし」にします。

文字を選択した状態で、アピアランスパネルから、「新規塗りの追加」アイコンをくりっくします。
メニューから「ウィンドウ」→「アピアランス」を選択

「塗り」をグラデーションに設定します。

文字にグラデーションがかかります。

文字を選択した状態で、グラデーションパネルで色などを調整します。

文字にグラデーションがかかりました。

 

アピアランスについての記事も参考にどうぞ。

【イラレの使い方】知らないと損するアピアランス!(基本編)イラストレーターのアピアランスって使っていますか?使っていないって人はだいぶ損していますよ。アピアランスを使えると使えないでは作業効率が...

 

グラデーションができない場合

グラデーションを指定してもオブジェクトにグラデーションがかからないなんてことありませんか。

原因の可能性として2つあります。

  • オブジェクトを選択していない。
  • 塗りでなく線の指定になっている

笑っちゃうぐらい単純ですが、結構あることです。

ちゃんとオブジェクトを指定して、塗りになっているかを確認してから作業をしてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

かなり細かく解説したので、長くなってしまいましたが、実際にやってみると意外に簡単にできるものです。

参考になれば幸いです。

 

関連記事はこちら