MENU

超簡単!イラレの文字の変形!いろいろな変形のやり方を解説

イラストレーターには変形の機能がいくつかあります。

タイトル文字などインパクトを付けたい時など、簡単に変形できて便利な機能です。

今回は 変形の効果を使って文字の変形についていくつか紹介します。また、全てアウトライン化をしないで変形する方法なので、修正も何度も可能です。

目次

文字の変形(ワープ)

アピアランスの効果にある「ワープ」を使って文字を変形させます。

アピアランスの詳しい記事はこちら
≫【イラレの使い方】知らないと損するアピアランス!(基本編)

テキストを選択した状態で、上のメニューから「効果」→「ワープ」→「〇〇」それぞれの効果を選択します。

アピアランスの効果はテキストをアウトライン化せずに変形が可能です。

それぞれの効果を紹介します。

ワープ(円弧)

カーブの調整で扇型に変形ができます。+にすると上に、ーにすると下に広がります。

垂直方向の値を調整すると、下が広がる文字が作れます。

ワープ(下弦)

カーブを(+)に振ると、文字上部は動かずに、下に弧を描きます。

カーブを(ー)に振ると、文字上部は動かず、文字センターが、弧を描いてへこみます。

ワープ(上弦)

カーブを(+)に振ると、文字下部は動かずに、上に弧を描きます。

カーブを(ー)に振ると、文字下部は動かず、文字センターが、弧を描いてへこみます。

ワープ(アーチ)

カーブを(+)に振ると、文字全体が上に向かって弧を描きます。

カーブを(ー)に振ると、文字全体が下に向かって弧を描きます。

ワープ(でこぼこ)

カーブを(+)に振ると、文字センターが弧描いて、膨らむます。

カーブを(ー)に振ると、文字センターが弧描いて、へこみます。

ワープ(旗)

旗のように変形します。

カーブを(ー)は逆に変形します。

「ワープ」で変形した文字のアウトライン化

「ワープ」で変形した文字のアウトライン化のやり方を紹介します。

変形したテキストを選択した状態で、上のメニューから「オブジェクト」→「アピアランスを分解」を選択します。

変形したテキストがアウトライン化されます。

文字の変形(自由変形)

テキストを選択した状態で、上のメニューの「効果」→「パスの自由変形」を選択します。

「パスの自由変形」のウィンドウが表示されます。

ウィンドウ内の表示されている文字の四方の4点を動かすことで自由に変形が可能です。

「パスの自由変形」で変形した文字のアウトライン化

「パスの自由変形」で変形した文字のアウトライン化のやり方を紹介します。

変形したテキストを選択した状態で、上のメニューから「オブジェクト」→「アピアランスを分解」を選択します。

変形したテキストがアウトライン化されます。

一文字ごとの変形する

「文字タッチツール」を使えば一文字ごとに変形が可能です。

下の画像は「文字タッチツール」を使ったものです。アウトラインをしないで作ることができます。

ツールバーのテキストツールを長押しで、「文字タッチツール」が表示されます。

「文字タッチツール」を選択すると、一文字ごとの選択が可能になり、拡大縮小、回転、移動、長体、平体の変形が可能になります。

アウトライン化していないので、何回のやり直しが可能です。

文字タッチツール01

変形した文字は通常のアウトライン化と同じやり方でできます。

文字のアウトライン化の方法

テキストを選択した状態で、上のメニューから「書式」→「アウトラインを作成」を選択。

アウトライン化の詳しい記事はこちら
≫【イラレ】フォントのアウトライン化の方法とできない時の対処方法

「文字タッチツール」の詳しいやり方の記事も参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる